« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

・ひたすら cut cut ...

  

  Photo_15   

                                                               湖のao、海のao、

                   kaltio.とうい名前はコンコンと湧く水のもとに、

                                                             清く澄んだ水の色

   

 

                     4、5月と続く展示会やイベントに向けて...

 

|

・色を探して

Photo_3   

               液体でいる時と、個体になる時...色は同じではいてくれない。

    

                      炎とか光をまとった姿を思い浮かべて、

                        きっと美しいはず...とふんでいる。

  

                       だから微妙で色っぽい「ao」を探して...

 

|

・息抜きとはじめてのおつかい

 

Photo

                                                            (いつもと違うにおひ... 元気です。)

 

                向かいの公園からいつもに増して賑やかな老若男女の声。

                          『祝日』であることに気づく。

   

                    アトリエから見上げれば気持ちのいい青空で、

                   現実逃避も手伝って...ちょっとお出掛けしたくなり、

                  おばあちゃん犬 c を誘って用事を済ませながらdrive...

  

                                     c と一緒のサプライズで友人の畑を訪ね、強制一休みに誘う。

                                 亡きひと、亡きいぬが会話の中に浮かんではにこやかに偲び...

                                                   「お彼岸」らしいつかの間の休息を過す。

  

 

                                      帰り道はおばあちゃん犬の提案で、おはぎを買って帰る。

  

                               本当の飼い主のお婆さんがお彼岸になるとおはぎを作ってくれて、

                                                             ご馳走になっていた。

                     そんなお婆さんも今は作ることは難しいけれど、思い出したりするんだろうね..と、

                 横で落ち着かないおばあちゃん犬が暗黙の指令を送る、

                       ビビビ...(訳/おはぎ屋へ寄れ...)と。

 

                       その夜、無事におはぎを届けてもらい、

Photo_2

              我が家は畑にてもいでもらったカリフラワーをスープに温まる。

  

                                                     そして案の定 c はお疲れモードで...

                               Photo_3

                              ちかれたびー。

                                                  こんな春分の日 (1/2) の過ごし方。

  

|

・観察 

 

Photo_2

  

                             ヘタな分野。

                 どうしてそうなるのか、なにがちがっているんだろうか...

                        時おり灯しては観察している。

  

 

                             そういえば、

                   ちびっこkaltio.の通った母校の池のほとりに

               『何故だろうと思う心が科学である』  by 湯川秀樹博士

                    のお言葉を刻んだ石碑が佇んでいたなぁ。

   

 

            ろうそくの世界、案外超ニガテな理数の分野にも及んだり(zozozo...)

   

                               ...で、

 

                            なぜなんだろぅぅぅ

                            科学中ナノデアル。

 

|

・きらきらに誘われて

  

友人から便りをうけ、今年もちびっこたちの織りなすきらきらに会いに行く。

こどもたちの創造や表現は、なんてしなやかで伸びやかなのだろう。

  

『こどもの頃は確かにこうだった...』というお話も耳にしますが、

この空間で自然と近しいニヤケ顔がこぼれるあたり...

kaltio.さんもまだまだ捨てたもんじゃありませんよ。

  

  

空飛ぶ「水族館」

さかなたちが遊泳する影のゆらゆらに、

...ヤラレテしまったことは云うまでもありません。  

  Photo

  

  

  

 

  

|

・その場所へ贈る灯り

  

                                   あれから1年

                           それぞれの出来事、

                   溢れんばかりのそれぞれの気持ち、思い、

                            それぞれの時間。

 

Photo_9

 

                          おひとり、おひとりに添う...

                     そんなことのできる人間ではないけれど、

                                                灯りを生む場所にいる私にもできること、

               せめて思い ゝ の尊い気持ちのやりどころに、そっと届けたい...

 

                                                       ただそんな風に思ったのです。

  

 

                    ストックしている再利用の為のwaxを使用して、  

                     合間 ゝ にコツコツと作り貯めています。

                      数はそんなに多くできなかったけれど、

                    まもなくその日を迎える方々の所へ送ります。

                                          

  2

  

                      重い荷物をほんの束の間でも降ろして、

                      深呼吸して頂けたら嬉しく思います。

  

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »