« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

・灯りの魔法

 Photo_3  

                消火 (未使用) 時 と 灯火時のギャップがいいのだけれど、

                    消火時があまりにも地味に仕立て上がって、

                  未来の使い手の方にすんなりと届かないかも... と、

                なくなく(?) 「ボツ」 となった藍染のような色合いのろうそく。

  

  

                candle night のギャラリー+cafe の夜の空間で灯しています。

  

                                      照度をおとした空間では、

                                     ハッとするような灯りとなって愉しんで頂いています。

  

                       個人的には好きなんだけどなぁ...

                                           ううん...、

                    でもやっぱり、贔屓目にみても、もう一歩。

  

|

・夏 至

        6月、不穏な体調...自然治癒のチカラも限界で、騙し 々 の生活もいけないなぁと、

                 つい先日まで病院の梯子とナマケモノのような動き。

  

            ようやく霧が晴れてきたというか、復活にむけてもう一声というところ。

  

Photo

  

                    そうこうしている間に『夏至』を迎えました。

                         一年で昼間が一番長い日。

  

                 一般的には昼間が長いことを喜ぶ皆さんが多い中で、

                 よし! ここから秋・冬に向けてまた時が進むわけだ...と、

                        前向きなのか...後ろ向きなのか...

                                           とにかく一早く秋の訪れを望む日々ですの。

  

                       カラダが云うことを聞かない時は、

               ゆらゆらの灯りに身をゆだね、考えるコトを勤しむ日々...ですの。

  

|

・ 花を買う

Photo

                 6月は大切なひと(いぬも含めて)とのお別れがあって、

                      毎年、少々 ‘ センチメンタルmonth ’

  

                 『カサブランカが好き』...と云っていた友人に贈り物。

  

                   旧街で物語に出てきそうなお爺さんが営む、

                      昔ながらの質のいい花屋さんで、

             奮発して、毎年お爺さんが云う『極上の代物』...というカサブランカを。

   

   

 

                                         今年もまたあなたよりオネエサンになりました。

 

|

・走った...

 Photo_6

 

 

 

 

同時期に3つの企画展に混ぜて頂いて、

制作もなにもぎりぎりの限られた時間で、

全速力で長距離走をした気分の5月。

 

   

どうなることか...と思いましたが、

「映画」「北欧」「十色」...テーマがぜひ取り組んでみたいことでしたので、

go ! サイン ... 

数年前、ムリが祟って強制病院送りになってしまった症状が見え隠れする中を、

ぎりぎりセーブしつつなんとか乗り越えられました。

(症状が少し残って尾をひく分は、自然治癒中...)

  

その甲斐あって終わってみれば、

シズカンマルシェでも、安曇野でも、嬉しい反応やご感想を頂けたり、

 

ヒナタノオトさんでは、会期終了の頃のblogにて こんな風に 書いて下さったり、

お電話では、『「yo:to:n  yo: (白夜)」には鳥肌がたった...』とお話戴いたり。

なぁ~んか調子に乗っちゃいますよ...と云ってしまうほどにお言葉を戴いたり。(笑)

  

... こうしてまた少しずつ、

いろんな方のもとで、いろんな時間をぽっと照らすろうそくが、

あちらこちらでふるふると灯ってくれたら、

そんな空間があるんだなぁと感じるだけで嬉しいのです。

 

  Photo_2 

  

静岡、安曇野、東京で、

ろうそくに出会いを下さった皆さま、

ろうそくと出会って下さった皆さま、

また、遠方なのでとweb上にて

お楽しみ頂きました皆さまに、

この場にて改めて御礼申し上げます。

  

  

・・・

  

*お次は、koko kaltio. での小さな企画もございますが、

  今秋(10月)の「工房からの風」に出展させて頂きます。

  悩み、愉しく制作致します。

  

|

・おまけ    at 安曇野

  

作り手だらけの女子(?) 女性会の席でもっぱら話題に上ったのは、

「幻の(←...と勝手に呼ぶワタクシ) パン屋さん」。

 

『11:00 open だというそのお店、11:03に到着したらもう完売...』

近くはないし... そんなスゴイパン屋さんのパン、口にできるのはいつだろう。

  

・・・   ・・・

  

                   小さなお疲れ様&頑張ったね会のお昼ごはんは、

               日頃ワタクシがお邪魔することのできない曜日限定openのcafe。

                      (曜日限定... どこかで聞いたような。笑)

 

Photo

  

Photo_5                 

                     ようやく行くことが叶った「はおと」さん。

                                           席数... koko kaltio. のようで、

                 きっとお店のあり方もkoko kaltio. のような考え方で、

             こちらのお店のようにお食事をお出ししているワケではないけれど、

  

Photo_2  

                      (こちらで焼かれたベーグルも絶品。)  

Photo_3  

             丁寧に作られたお食事を戴けば、なにやら近しい匂いを感じました。

  

                   cafe 業務もさてまた、コツコツとがんばるぞ...と

                     密かなやる気の炎を灯して充電です。

  

                  (思わず『カメラ女子』のようなコトをしてしまった...。)

  

   

             この日のこのお店のご予約は、十色屋 m さんのお知り合いばかり。

                    そこから前述のあの幻のパン屋さんとそのパン、

 

                        親切さんと、気配りの彼女から、

                   それぞれ手元に幻のパンをおすそわけ下さって、

                        早々と現実のモノとなりました。

   

Photo_4

                            戻ってからの朝食は、

                     シアワセを少しづつ噛みしめております。

  

  

                                 ・・・

  

                   そして、まさかお会いできると思わなかった偶然。

                   

                   『TOIRO展には間に合わないけれど...』とのお話、

                   少し時間がずれたらここでは会えなかったもの...。

 

                    このばったり加減も嬉しさ倍増の要素でした。

 

                           papirklip の r さんfamily !

                          3冊目の本も出版されて、

                安曇野でのご縁のタネ、きっと芽吹いて秋頃...素敵空間に。  

  

                        恐ろしいほどに ミラクル な旅路。

 

                                 ・・・

  

                                                       親切 t さん、気配り k & b さん !

                              ほっぺが落ちそうです。

 

                             優しさをありがとう。

  

|

・「T O I R O 展」へ。

  Photo

                           行ってまいりました、

                     やっぱり空気が爽やかな... the 信州。

  

Photo_2

               山麓線より上、十色屋さんのある場所は樹々の緑に包まれて、

                            もう一声、爽やか。

  

  Photo_3

                                              『T O I R O 展』最終日、滑り込みセーフ。

Toiro

Toiro_2

Toiro_3

                                      十色屋・mさんのblog『水晶山きまぐれかばん店』にて

                                   こんな告知もしていて下さったので、

  

              お会いしたかった森の素敵住人さんにもすんなりとお会いでき♪

  

                                     MF洋裁部 k さんや、Cadenza m ちゃん&豆 なんぞは、

                                                  ワタクシに「顔かせ...」と呼びつけられ...

                         ( いい人たち... ありがと。)

   

Photo_4  

                      犬好きのワタクシにとっては、

              安曇野住人さんちのとこのみんなが元気に暮らしていてくれていて、

                                               再会できることがとーっても嬉しいのです。

 

                まろさんなんかは、ひつこいほどに撫でくりまわしてごめんね。

 

                                                               いつもありがと♪

  

                    ... と、作り手として在廊とは申しましても、

                           薄々バレバレですが、

                                  日頃離れていてもお互いにがんばっている作り手の皆と

                                            ほっと一息しにいっているようなものでして。

 

                              人のお宅を占領して、同展参加の松原幸子さんもご一緒でき、

                                            ワタクシも含め、ここの所大忙しだった其々が、

                                             不調自慢...(ムリのできないお年頃よね...)に、

                        其々を戒め、補い労わる...(笑)  

                                          同世代 女子(?) 女性会のはじまり、はじまり...。

  

  

            今回の旅は、いろいろなマジカル! ミラクル! なデキゴトも重なって、

                    運勢使い果たしたんじゃないだろうか...

                     帰り道は十分に気をつけなくては...

                           ( 小心者...。 )

  

                   なんて思うほどに、素敵旅となりました。

  

                                                     いつもいつものことながら、

                                        十色屋さんご夫妻に very very thanks !!!

  

                               ・・・

  

                工芸の五月 ・屋号展 / 十色屋さんの「T O I  R O 展」

                           終了致しました。 

  

                     ろうそくを連れ帰って下さった皆さま、

                       どうもありがとうございました。

  

                                                    お選び頂きましたろうそくが、

                             皆 々 さまに

                                        穏やかな時の流れをお届けできますように... 

  

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »