« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

         

   

   

                   ‘瀬戸内生活工芸祭 2012’ 終了致しました。

  Photo_2

                     

  

Photo_3

                     今季いちばんの冷え込みとなった日、           

           ‘工房からの風’に続いてろうそくで指先...こっそりと暖をとって過しました。

   

                                 ・・・ 

   

     

                          ブースにお立ち寄り頂き、

               何度も訪ねて真剣にろうそくをお選び下さいましたお客さま、

                  雨対策を手伝って下さったお隣りブースの柴山さん、

                  四国にゆかりの作り手の皆さま、sotosu家の皆さま、

             主催・企画下さりこの日を迎えさせて下さった皆さま、スタッフの皆さま...。

 

     

                         披雲閣での招待作家さんの空間表現や、

           もう一つの東会場の各ブースまでは足を伸ばせなかったのは残念でしたが、 

                                  (同郷のよしみで東で盛り上げてくれた赤堀さん ! ありがとね。)

  

                    夜の女木島、ほのかなあかりの中での展示会場、

    

               両会場の伸びやかな雰囲気に楽しく、いろいろな方とお話もして、

                         あっという間の工芸祭でした。

   

              1日目にてろうそくも、いろいろな方の元へ嫁いでゆきました。

           この場にてではありますが、作り手とろうそくから深く感謝申し上げます。

  

                                

                                ・・・

                

            ‘工房からの風’ も、‘瀬戸内生活工芸祭’ (特にこの1回目に)も、

                   参加させて頂けて素直に嬉しく感じています。

  

                     「これまで」から繋がる「これから」へ。

      

                   帰り道は、もうひとつの展示会の場へも移動。

                                 (こちらもまた後日に...)

                         

 

                                                                 振り返れば...

                 それぞれのお人柄が垣間見られた愉快な場面も楽しく、

 

Photo_2

  

                         日頃よりの審美眼...憧れの方、

                 ブースにてろうそくを手にして下さり、かけて戴いた言葉。

                                              今も温かく、私の「これから」への...宝物です。

  

   

|

   

 Photo_9   

     

Photo_10   

    

  

Photo_11   

  

Photo_12

                                             

                                      瀬戸内へ。

    

      

  

  Photo_14 

                          一日は怪しき「雨」マーク...ま、いいか。

  

|

 

   

   

  Photo_8 

  

  

               「ロウソクのろうそく」(3色) ヒナタノオトさん へお送りしました。

  

  

                              ... そっとお心を安らげて頂けますように。

  

|

    

     

     

Photo

  

                       車で ちょこっと近寄る富士山は、

                   やはり一歩も二歩も秋が先を歩いておりました。                  

                       

  

Photo_3     

   Photo_4

  

Photo_5

  

Photo_6 

  

                  深呼吸... してもしても、どこかから漏れていくよう。 

  

               

  

|

・これよりの予定です。

  

キャンドル・クラフト kaltio. 、ろうそく 出展予定です。

  

■  『瀬戸内生活工芸祭 2012』  11/23(金・祝) / 24(土) 

            出展場所は、 香川県高松市玉藻公園

              / 西会場・ no.8 ブースとなります。

  

■ 企画展 『冬の贈りモノ展2012』  11/24(土) - 12/25(日)

                    @ sotosu / 愛媛県今治市

  

■ 企画展 『小さな贈り物展'12 』  12/8(土) - 16(日)

        - 高橋朝子(木彫)・鈴木有紀子(ろうそく) 2人展

                 @ koko kaltio. / 静岡県富士市

  

■ 企画展 『ある冬の日に。』 2013. 1/19(土) - 27(日)

               @ koko kaltio. / 静岡県富士市 

  

  

Photo_3    

|

・『瀬戸内生活工芸祭 2012』へ出展致します。

  Photo_3   

                                    >>  瀬戸内生活工芸祭 2012

                                                                   11月23日(金・祝) 11:00 -16:00

                                                                   11月24日(土)        9:00 - 16:00

                                                               @ 香川県高松市/玉藻公園・女木島

 

                               ・・・

  

日頃はちっぽけながらも、‘実店舗を抱えながら制作’というスタイルで

お仕事をしております。

『とてもいいよ』とお話を伺いながらもクラフトフェアというものに、

限られた自身の器量では、

あちらこちらと応募することも少ないのですが、

今年は、10thの記念すべき回の 『工房からの風』 に再びお声掛け戴いたり、

関心を抱いた『工芸祭』に参加が叶ったり、

ろうそくの灯りを愉しむには、昼間の屋外は少し明るいのですが、

たまに屋外で迎えるクラフトフェアは空の下気持ちがよいですし、

日頃お会いすることがなかなか叶わない方々にお会いできたり...

嬉しい年、嬉しい季節です。

  

 

『瀬戸内生活工芸祭』は、応募に際してから (勝手にですが...)

いい気が巡っているようで、もしかしたら..とポジティブに捉えていたところがあります。

  

まず、審査にあたられる方々が各方面にて、

日頃からすてきなお仕事ぶり、生活者な方だと感じている方々だったこと、

応募のスタイルがとてもシンプルでしたが、そのシンプルさが心地よく...

且とても難しかったこと、

そして、会場の一つが「女木島」であったこと。

  

年が明ければ、6年を迎える 「キャンドルギャラリー+cafe koko kaltio. 」 の

生みの親の一人でもある設計士さん は、

2年前、この『女木島』に、 『瀬戸内国際芸術祭2010』にて、

愛知芸大の皆さん と『 女木 HOUSE 』 を建てました。

その時、行きたかったのですが、制作シーズンということもあり叶わず、

未だ渡れていない地。

  

その耳に馴染みのある地名が響いたのも、これもご縁...と思ったワケです。

(... なんて前向き。)

  

女木島へはフェリーで渡るのですが、今回は出展者も限られた時間ですが、

そちらの会場 (『女木HOUSE』ではないかも...ですが) も、

見ることができるようですので、楽しみなのです。

  

  >> 両会場では様々な企画もありますので、HPをご参照下さい。

 

この『瀬戸内生活工芸祭』を終えたら、愛媛県に移動し、

企画展が始まっている sotosu さん へ ... と、

今回は広い四国の距離をなめないように(笑) と目論んでいます。

  

|

・秋の朝

     Photo_3Photo_4

    Photo_5Photo_6

    Photo_7Photo_8

    空気が動き出す前の秋の朝

      で、やはりこちらを眺めて一日が始まる。

    117_2

  

|

・秋が深まって...

  Photo

                         ねぇねぇ、まだ起きないの ?

   

                 寒い朝はめっきり寝ぼすけさんの21歳のおばあさま。

  

                   お店では、やはりお宅にワンちゃんのいる方に、

          『おばあちゃん犬さんはお元気ですか?』と気にかけて戴くこともあります。

  

  

                    お歳を召したなりに穏やかに過しております。

 

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »