« | トップページ | »

・『瀬戸内生活工芸祭 2012』へ出展致します。

  Photo_3   

                                    >>  瀬戸内生活工芸祭 2012

                                                                   11月23日(金・祝) 11:00 -16:00

                                                                   11月24日(土)        9:00 - 16:00

                                                               @ 香川県高松市/玉藻公園・女木島

 

                               ・・・

  

日頃はちっぽけながらも、‘実店舗を抱えながら制作’というスタイルで

お仕事をしております。

『とてもいいよ』とお話を伺いながらもクラフトフェアというものに、

限られた自身の器量では、

あちらこちらと応募することも少ないのですが、

今年は、10thの記念すべき回の 『工房からの風』 に再びお声掛け戴いたり、

関心を抱いた『工芸祭』に参加が叶ったり、

ろうそくの灯りを愉しむには、昼間の屋外は少し明るいのですが、

たまに屋外で迎えるクラフトフェアは空の下気持ちがよいですし、

日頃お会いすることがなかなか叶わない方々にお会いできたり...

嬉しい年、嬉しい季節です。

  

 

『瀬戸内生活工芸祭』は、応募に際してから (勝手にですが...)

いい気が巡っているようで、もしかしたら..とポジティブに捉えていたところがあります。

  

まず、審査にあたられる方々が各方面にて、

日頃からすてきなお仕事ぶり、生活者な方だと感じている方々だったこと、

応募のスタイルがとてもシンプルでしたが、そのシンプルさが心地よく...

且とても難しかったこと、

そして、会場の一つが「女木島」であったこと。

  

年が明ければ、6年を迎える 「キャンドルギャラリー+cafe koko kaltio. 」 の

生みの親の一人でもある設計士さん は、

2年前、この『女木島』に、 『瀬戸内国際芸術祭2010』にて、

愛知芸大の皆さん と『 女木 HOUSE 』 を建てました。

その時、行きたかったのですが、制作シーズンということもあり叶わず、

未だ渡れていない地。

  

その耳に馴染みのある地名が響いたのも、これもご縁...と思ったワケです。

(... なんて前向き。)

  

女木島へはフェリーで渡るのですが、今回は出展者も限られた時間ですが、

そちらの会場 (『女木HOUSE』ではないかも...ですが) も、

見ることができるようですので、楽しみなのです。

  

  >> 両会場では様々な企画もありますので、HPをご参照下さい。

 

この『瀬戸内生活工芸祭』を終えたら、愛媛県に移動し、

企画展が始まっている sotosu さん へ ... と、

今回は広い四国の距離をなめないように(笑) と目論んでいます。

  

|

« | トップページ | »

展示会のお知らせ」カテゴリの記事

  • (2018.06.19)
  • (2017.05.25)
  • (2016.10.13)
  • (2016.09.01)
  • (2015.12.29)