« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

・info

  331_market_2

                                          [ Organic Market  in Zappa ]に参加させて頂きます。

 

                   日時 : 2013年3月31日(日) 10:00-16:00 雨天決行

                   会場 : Zappa ビル裏駐車場(富士市中央町1-10-9)

 

                                          * 但し、kaltio.は、15時すぎより実店舗[koko kaltio.]

                                             open のため、14時頃までの参加となります。

  

                                 ・・・

  

Photo

  

                            market、各shop...

                 いろいろなろうそくが水面下で同時に少しずつ工程を進め、

                            仕上がりを待つ。

  

             然しながら、どれもこれもなかなか仕上がってこないのがモドカシイ。

  

|

・考えているコト

 Photo_8    

                             再び炎を灯すコト。

                  再びの炎に呼応して...できれば美しいものであるコト。

  

|

・ごんぎつね

   

Photo_2

             過日出掛けた、『 新美南吉、生誕100年。 ごんぎつねの世界展  』

  

                   小学校の国語の教科書で学んだ『ごんぎつね』。

                                             読んだら20秒で即泣きの切ないお話。 

                          『フランダースの犬』と並んで kaltio. 史上、2大ヤバい話...なのでアル。

 

               ... というワケで期待を裏切らず公共の場でじわっと泣く大人。

                        花粉症だという演技をしてみる。

  

                  

                                                                                  at 静岡市美術館

                                           ~ 3/31(日)まで

  

|

・ミッション

    Photo_5

                旅に一緒に出掛けたのは『クリスタルボール』というろうそく。

  

                           雪の中で灯そうと思って。

 

Photo_4

  

                   マッチで火の準備をしているとろうそくの重みで、

                          クリスタルたちがふかふかの北海道ならではの雪に沈んでゆきます。

 

|

・祈り願う

 Photo_2

                                                                    

                         まっさらな心で、鎮かに、

                               自身も暮らすこの国で、どんなことが起こってしまったのかを、

                                                            改めて知ろうと思う。

   

  

                    ...今はこれしかできないでごめんなさいと、

   

  

                                                             祈り、願いながら。

 

|

・流氷に遊ぶ

  

                  訪れるたびに、流氷をみることが叶っているのですが、

                                 どうやらコレはとてもラッキーなことのようなのです。

  

1

                                                          オホーツク海の氷の上から...   

                              こんな季節の果ての海、そのまま(私服で)落ちたら5秒ともたない。

    

                        がっつりとドライスーツを着込んで安全装備にて、ペンギンのように歩きながら、

                                                        氷の塊りから氷の塊りを...

                                          丈夫そうな氷を選んで流氷の上を渡り歩きます。

  

                                                 カメラは自身では持てない環境の為、

               ここらで遊びましょうというポイントで撮影して下さるのですが、

                     今回は自身でも撮影...手渡してもらうも、

       グローブを外すと手が冷えてままならない上、カメラのバッテリーが凍りつくそんな世界。

                流氷も年々、温暖化の影響でパワーがおちているのです。

                              イメージは流れ着いた氷と氷がぶつかって織り重なる流氷山脈...

                                              そんな時代は過ぎてしまっているようです。

    

   

                           それでもこの流氷原。

                  ぎゅぅっと固まっていた視界もずっと先まで広がるようです。

 

                           大らかに、大らかに。

   

 

Photo_2

                                             

                                      この自然界の生み出す「ブルー」に今回も逢えました。

                   肉眼でみたらそれはもぅ... ちょっと涙がでます。

               一度凍りついたバッテリー、奇跡的に生き還っての画像です。

 

         自然に近づく旅は、便利でもないし、本当にゆっくりとその場を愉しむ旅ですが、

                    この時代、それがとても贅沢だと感じます。

  

  

                   そんな旅を今回もしてきたのだと思っています。

  

  

 

    

                                ・・・

 

Photo_3

                                                         おいしいものも食べたしね。

 

|

・一晩経って...

   Photo_9

                  夜のうちに吹いた風が流氷を接岸させてくれました。

                流れ着いた氷の上を散策する前に、国立公園内を散策。

    

Photo_10                               啄木鳥の巣穴(使用済み)

   

Photo_11                                    こんもりと積もる雪

   

  Photo_12                              熊の爪痕!? も見つけました。

   

  

                           雪を降らせる風の音、

                               樹の音、

  

                           自身の頭の中も心も、

                       なにもかもが「白く」なってゆきます。  

                                  * こんな自然界を歩くには、当然ネイチャーガイドさんと共に。

   

  Photo_14   

                                               (驚かせてごめんね... なにもしませんよ...)

                        突然こんな出会いもありました。

   

  Photo_15

                      彼らも生きてゆくのに必死なのです。

                       ...でもね、これでは樹が育たない。

                      よい共存方法はないものでしょうか。

 

|

・ 氷の国へ

   Photo

                             毛むくじゃらな可愛いおばあちゃん(←いぬです。)が旅立ってしまって、

                                      家を離れることが久々に軽やかな環境になったもので、

               遅い冬休みを利用して、心も身体も頭もリフレッシュの旅へ !

 

              夏が「超」がつくほどに苦手な分、冷たさにはなかなか強いワタクシ 、

                              頬さす冷たさなんかも、水を得た魚のような心地よさを感じます。

 

                    到着した日は、よく晴れて穏やかな陽気。

          行く海沿いには、寂しい流氷の姿... 今回はダメかなとの思いはよぎりますが、

             この「流氷」、風向きによって、一晩で岸までぎっしりと接岸したり、

             嘘のように遥か沖まで流されたり、本当に生き物のようなんです。

  

  Photo_2  

                    滞在するホテルの裏はすぐオホーツク海。

                さて「流氷」の上を歩けるような氷は来てくれるでしょうか?

   

 

  

・・・

   

先日の猛吹雪で被害のあった場所辺りも当然通る道すがらでしたが、

帰路はやはり海沿いですし吹雪いてもおりました。

観光客は自力で出歩くということはめったにできませんが、

普通の生活の中で被害が出てしまったことへお悔やみ申し上げます。

 

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »