« | トップページ | »

・流氷に遊ぶ

  

                  訪れるたびに、流氷をみることが叶っているのですが、

                                 どうやらコレはとてもラッキーなことのようなのです。

  

1

                                                          オホーツク海の氷の上から...   

                              こんな季節の果ての海、そのまま(私服で)落ちたら5秒ともたない。

    

                        がっつりとドライスーツを着込んで安全装備にて、ペンギンのように歩きながら、

                                                        氷の塊りから氷の塊りを...

                                          丈夫そうな氷を選んで流氷の上を渡り歩きます。

  

                                                 カメラは自身では持てない環境の為、

               ここらで遊びましょうというポイントで撮影して下さるのですが、

                     今回は自身でも撮影...手渡してもらうも、

       グローブを外すと手が冷えてままならない上、カメラのバッテリーが凍りつくそんな世界。

                流氷も年々、温暖化の影響でパワーがおちているのです。

                              イメージは流れ着いた氷と氷がぶつかって織り重なる流氷山脈...

                                              そんな時代は過ぎてしまっているようです。

    

   

                           それでもこの流氷原。

                  ぎゅぅっと固まっていた視界もずっと先まで広がるようです。

 

                           大らかに、大らかに。

   

 

Photo_2

                                             

                                      この自然界の生み出す「ブルー」に今回も逢えました。

                   肉眼でみたらそれはもぅ... ちょっと涙がでます。

               一度凍りついたバッテリー、奇跡的に生き還っての画像です。

 

         自然に近づく旅は、便利でもないし、本当にゆっくりとその場を愉しむ旅ですが、

                    この時代、それがとても贅沢だと感じます。

  

  

                   そんな旅を今回もしてきたのだと思っています。

  

  

 

    

                                ・・・

 

Photo_3

                                                         おいしいものも食べたしね。

 

|

« | トップページ | »

etc...」カテゴリの記事

  • (2018.05.29)
  • (2018.05.29)
  • (2018.03.11)
  • (2018.02.14)
  • (2018.02.01)