« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

・地味に

  Photo_3 

                   さわさわの雨を横目に cut cut cut ... の地道な作業。

 

                        使う道具はフルに利用します。

        それでもイマイチしっくりこない場合には、しっくりくるように手間を惜しまず地道な作業。

  

                         この地味で細かな作業が、

                ゆくゆくの灯ってわぁ~という小さな仕掛け(?)を施します。

               こんな小さなコトがつまって、ようやく一つのろうそくになります。 

   

 

               引いて工房を覗いたら、作業台にへばりついて動かない人物...  

  

                                約1名。

  

|

・ first shoes

   First_shoses     

    

                             大切な一歩。

                         優しい光降り注ぐ未来へと。

     

  

Photo_3

  

  

                                        ホワイト蜜蝋  

  

|

・陸の孤島

  

Photo_2

 

                      こちら、市内のちょこっと小高い場所。

                      車さえあれば、不便は感じませんが、

               特に公共交通機関・本屋さんに関してはまさに「陸の孤島」。

  

        美味しいパン(今日は贅沢に2軒ハシゴ)と本の物色は、市街地へ下りてゆくのです。

                    これを個人的には、「下山」と呼んでいます。

   

 

          (この辺りの‘焼きそばロール’はもちろん‘富士宮やきそば’in なのです。)

  

|

・ 時の足跡

    

Photo_4

    

                         確かにそれだけの時間が流れたのです。

  

|

・info

 

Photo_11 

                                                     「富士山ろうそく」 ( 3コ入/化粧箱 )

          4/19のリニュウアルopenより、『 佐野美術館 ミュージアムshop 』さまにて、

                       新しくお取り扱い頂くことになりました。

  

                  富士山の湧水に恵まれた碧豊かな回遊庭園に隣接した

                           落ち着いた美術館です。

                                                            

                                                            @ 佐野美術館   静岡県三島市中田町1-43

                                                   tel 055-975-7278

  

             静岡へお越しの際には、お出掛けされてみてはいかがでしょうか。

  

                          どうぞよろしくお願い致します。

  

|

・「Re:」というろうそくのこと

  Re_2

                                                 

                                                      一昔(?)前、

                               「mottainai」という小さなろうそくがごろごろっと入ったecoバケツ、

           ‘再利用’と‘灯すことへの誘(いざな)い’のろうそくを制作しておりました。

  

            再利用ですから、最後に残ったwaxのストックが溜まったときにだけ。

  

  

                  それから少し時が経ち、手掛けるろうそくも構造上、

                 この「mottainai」で使用していたwaxばかりではなくなり、

                    そしてその当時から比べると、嬉しいことに、

                                         日頃使いにろうそくを灯す方が増えたことも実感し、  

                  この度、温めていましたことをカタチにしてみました。

  

Re_3

  

                   ‘再利用’という考えは同じなのですが、‘灯すことへの誘い’は少しstep upして、

                                               日頃使いやすい、色合い、大きさ etc etc ...

  

                        そして、従来はストックが溜まった時に、

                                    再び溶かし合わせ発色した色をお楽しみ頂いておりましたが、

                  「Re:」というろうそくは、再び溶かした色を尊重しつつ、

                  バランスで落ち着いた色のトーンに仕立ててゆきます。

  

                      中心にくるろうそく部分は再利用ではなく、

          まっさらで新しく準備したwaxであるため、香りも色ごとにblendでのせてあります。

 

                      意匠はご覧の通りシンプルにシンプルに...

              おすまし顔でないような、このテクスチャも自身は好みなのです。

                        切りっぱなし、うちっぱなしのように。

  

  

                     ストックが溜まった時に...というのは今まで通り、

                                       できる時にこの「Re:」というろうそくに生まれ変わります。

  

  

                                                                          ・・・

   

Photo_8

  

                                                                          「Re:」

    

                                                                       再び・再生...

 

                                                  最後までカタチを残した蝋を一部に使用し、

                                                           再びろうそくに仕立てました。

 

|

・MUSEUM へ

  

会期ぎりぎり... 観たかった展へ。

  

赤外線センサーで無人にシャッターを切らせ、自然動物を構えさせずに捉えた姿。

一本の獣道を、狐も狸も猪も兎もヒトも、...そして熊も !!

よくよく考えればちょっとゾッとしますが、そういうことなのですよね。

  

無防備に可愛い一枚もあれば、自然界の厳しき一枚もある、

目をそらしたい経過映像も...

早く山に雪がきて、なにもかもを優しく覆ってくれたらいいのに...

そんなことを思いながら、ゆっくり呼吸して目を逸らさないように。

 

  

  Photo_9

     宮崎学 自然の鉛筆      -  4月14日(日)まで 

                              at  IZU  PHOTO  MUSEUM

 

 

 

|

・リニュウアル

  Photo_7 

           在るモノを活かしつつ、柔軟に空間をつくる設計士 h さんのギャラリーへ。

  

            展示を拝見するのも勿論ですが、ちょっと前向きに刺激がほしい時、

        頭を柔らかくするため(?)に、少し距離があるので.. 時折ですがおじゃましています。

  

                少しのお休みの間に、shop trois truss と cafe空間がプラスされ、

                         またもや愉しく進化しました。

  

             shopに鎮座する h さん、『この空間にジブンが...』と照れくさそうでした。

                               ふふふ。

                           そこがまたhさんらしい。

 

 

 

  

                                           「進化」... 今、ワタクシの小さなモヤモヤはコレかな。

  

  

|

・寒の戻り

  Photo_11 

                                                                                                      寒い...

 

|

・ Organic market  in zappa へ参加してきました。

   

Photo_8

  

               気づけば、こんなに「超地元」でのeventに参加させて頂くのは、

                                                              意外にも初めてのコト。

    

             陶芸の山崎さん、ガラスの石垣さん、見知ったお顔もちらほらと。

                           肌寒い小雨も手伝ってゆっくりのんびりな屋外eventとなりました。

 

Photo_9

                                                                                新しく生まれた「Re:」 

                                  

                                   天候をご配慮戴きまして、建物内レストランにて灯しました。

    

Photo_10   

Photo_11

          今回は‘Organic market’ということでしたので、動植物系のwaxを中心に。

    

                                ・・・

  

                       皆さま、お疲れ様でございました。

  

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »