« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

・シーズンの入り口

    

Photo

            9月に、 koko kaltio. にて さこうゆうこ さん(ガラス)と2人展があります。

  

              『工房からの風』に初めて(一緒の年に)参加させて頂いて以降、

           ゆっくりと時間を掛けてお話しながら制作した(して頂いた) キャンドルポット。

                  (『工房からの風 2013』も近づいてきましたね。)

  

   

               ろうそくの灯りのある生活に時の浅い日本人にとりましては、

                おうちの中で火を灯すことの怖さがとても強いことを知らされ、

                 初めは屋外で風を避けるために灯していたこの方法も、

                     屋内で灯すことへの安心感につながると思い、さこうさんに相談させて頂きました。

   

                                                           目からウロコの発想が、

                                   吹きガラスの特徴からくるろうそくの置場の不安定さを解消し、

                                              安心して人にお薦めできるモノとなりました。

  

                                                透明で誠実なさこうさんの作風が活きて、

                ろうそくの灯り(透感)を遮らずお愉しみ頂ける、そんな道具が生まれました。

  

                                           DMも、もうまもなくで出来上がってくる予定です。

                                                        秋の夜長、冬の寒さの中、

                                                  ろうそくの灯りのある生活のおともに...

  

                    再び、たわわにお届けできる予定でおります。

 

              (お花を入れたり...と用途は使い手により、多目的に愉しめます。)

  

|

・お「福」分け

  2013_8_w

                                                       「ダイヤモンド富士」 × 2

 

                            湖畔に写り込む「逆さ富士」も日本人の心を惹くものではありますが、

                                                 ここに太陽が一緒に写り込むことを、

                                                   「W ダイヤモンド」と呼ぶそうです。

 

               なにかいいことがありそうな気持ちになるから不思議です。

 

                                ・・・

  

                             時間の経過を。

 

1 

                 夜が明けてはいますが、お日さまはまだ富士山の影に。

 

2   

                                              日の光が稜線を割って...

 

3 

                                                     のぼり...

 

4_2

 

                     山頂よりいずる、「ダイヤモンド」です。

 

 

                               ・・・

 

                    年々、そして今年はまさに富士山yearで、

               見物客も増え、車のナンバーも県外の方を多く見かけました。

 

Photo  

                              そのまま湖畔の少し奥へ。                                     

                   湖面を渡る朝霧を見ながらしばし coffee time ...

 

 

                         このダイヤモンドを見に来ると、

                      今は昔...俳人であった亡き祖父と来た、

                                                 ちびっこだった頃のことを思い出します。

 

  

                              湖畔には、 

  Photo_2

                     人知れず秋の準備が始まっています。

 

|

・続・手仕事の庭から

    

Photo

                   

              箱入りならぬ布入り植物たちが窮屈そうなので、ようやっと開放。

  

  Photo_2

                                      

                              ああ、広い。

                      こちらともう一ヵ所で立派に育ちました。

    

Photo_3

  

                     ああ、いい香り... をいっぱいに吸い込む。

  

                               H バジル   

                   大切な種を分けて下さってありがとうございます。  

                                                   お陰さまで、愉しんでおりまーす。

 

 

|

・恒例の...

  Photo_2

                    

                                    こーぅ暑いと秋からの準備もなかなかはかどらないので、

                                                      やっぱり今年も脳を騙すというか、

                                                      気持ちから入っていきますょー。

  

               作業のBGMは秋を感じる歌やクリスマスソングになりました。

                    エンジンがかかるまでのお助けアイテムです。

  

                           ... でも、やっぱり暑い。

 

 

|

・夏のお慰めに...と。

    

Photo_3

                    新盆を迎えるお宅へと...とお選び頂いたり。

  

Photo_4  

                     亡きひとを身近に感じる...お盆なのですね。

  

                 我が家も昨晩秋に逝ったおばあちゃん犬 c さんが

                       永久相談役たちと戻って来ます。

  

                      何か合図してくれるかなぁ...(嬉しい)。

 

 

|

・内面生活 継続中

  

             ありがたいことに、材料は戴き物や捕れ 々 夏野菜で事欠きませんが、

                      たまに意識して夏野菜以外のものも。

  Photo

                                                       さつま芋/黒ごま/珈琲/豆乳

                                                       (...そこへ飲みやすく+バナナ)

 

                             わりと立ちっ放しの制作時間、一日終われば結構足もパンパンに... 

             ビタミンEは血行促進、適度なカフェインは疲労感を取り除く...らしい。

  

               身体によくても、飲みやすくなければ続かない...ということで、

              食材の組合わせは、おおよそ‘感’を巡らせて愉しんでおります。 

 

|

・手仕事の庭から

  

Photo

              大切に保護されているアレは何を?と お客さま に尋ねられます。

  

                                ・・・

             

            「工房からの風」という長いスパンでの取り組みを終えてホッとする頃、

                手仕事の庭での実りをお茶とともに『お疲れさまでした』と、

                       風に乗せて届けて下さるのです。

                                             ( これがまた実に嬉しいタイミングで ! )

 

                                                    その中に、なかなか手に入らず...

                                    いつかはわが庭にもと思っていたハーブがあるのです。

         なかなか見つけられないでいましたので、お願いして種を少し分けて頂きました。

  

                     今年、ようやく楽しみに蒔いてみることに。

  

                  種を昨がらから取り出す作業もいい香りに包まれます。

                香りに反応して「風」での光景も浮かんだりして幸せな時間。

  

  

                芽がでて育ち、さぁっと苗床から地に放つとたちまちに...

                 小バッタたちが『わぁ~い』とばかりに食べてしまい...

    

              笑顔のすてきな庭びとさんたちには笑われてしまいそうですが、

                  再度の植栽には、完全防備で挑んでおります。(笑)

  

Photo_2  

                     こんな道のりでの我がお庭での初栽培。

                      ようやく(一部を)初収穫を迎えました。

  

                      気持ちのよい風にあてて...もう少し。

                              いい香り。

 

                        大切なお裾分けに感謝です。

  

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »