« | トップページ | »

・秋のおでかけ

  

                                                     たったの2日という「日」の間に、

                   沢山の、ほんとうに沢山の作品たちをみました。

 

                         それもいろいろなタイプの。

  Photo

                      その中のひとつ、新鮮な朝露のような... 

    

                昨年ワタクシも参加させて頂いた今年の 『工房からの風』は、

                           ぴかぴかの秋晴れで、

               新鮮な朝露のようにきらきらとした作品や作り手の方に出会い、

              その人たちを見守り続けて、この秋にそよ吹く風の灯台のように

                              立ち続けてきた方々の大切な想いに幾度も触れたような気持ちで、

    

  

                      - 稲垣さんやよくよくお会いしたsさん、

                     会場内にご本人が5人くらいいるのでは!?

                 と思うほどにお見かけしたり言葉を交わしたりしました。

                                それ程に、こうした当日もすてきなほどに気配り・目配りを

                                さりげなくされているのですね...。改めて感謝してしまいました。-  

  

  

                                       今年は一、お客さんとして、

             本当に愉しくゆっくりと素材の話や制作風景なんかを聞いてみたり、

            昨年は緊張もバタバタともしましたから (雨に降られてお引っ越しもしたり。) 、

                      御礼詣り...と思いつつも純粋に心地よく、

                                      風にふわっとそよがれるようにぐるりと歩かせて頂きました。

 

                    今年も心地よい風をそよがせて下さった皆さまに、

                 楽しませて頂いた御礼と、そしてお疲れが出ませんように。

 

                                 ・・・

   

                      「ピアニシモ」というインスタレーション

    

Photo_2

                    この杜の住人(樹)に委ね風に揺られて鳴り、

   

Photo_3

                                                    樹の根もとにきらりと秋の風情で、

   

Photo_4   

                   実生のようにこんなに粋に本物のそばで佇み...  

                                              手仕事の庭に住む小人の仕業のように。

  

                                                   -わかるひとにだけわかればいい-

  

                    押し付けられるような表現とはまるで異質の、 

                ささやかに、見過ごしてしまいそうなほどに愛おしい表現力に、

                         こそっと笑み釣られました。

 

  

                  こんな充実の日は戻りまして自然と手が動きました。

                                                      翌日の予定もあるというのに...

                           我ながらタフ(笑)ですね。

 

|

« | トップページ | »

etc...」カテゴリの記事

  • (2018.05.29)
  • (2018.05.29)
  • (2018.03.11)
  • (2018.02.14)
  • (2018.02.01)