« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

・info

  企画展に参加させて頂きます。

 

Photo_2

     

EDANE  NEXT  DOOR  光と風と音のミ-ム

2014年2月1日(土)~ 2月23日(日)

OPEN12:00 CLOSE18:00  水曜定休日

      

出展者 

光:WELT、Junichi Ogawa / PANTARHEI、タタミダニイクコ

風:Sunshine to you!、日々ガラス製作所、鈴木有紀子

音:the yetis、kaon、CANASA

small Bar:Junichi Ogawa/PANTARHEI、peaceful space

         

EDANE

559-0006  大阪市住之江区浜口西1-2-8  住吉グリーンハイツB-210

tel/fax 06-6569-9460

 

|

・我が街を歩く

 

Photo_2

  Photo   

                       富士のたわわな湧水に恵まれて、

                  紙の街(工業都市)として歴史を刻んできた我が街。

                 富士山のすそ野から駿河湾までなだらかな傾斜の街。

             (BSプレミアムの『こころ旅』でも自転車、ご苦労されていましたね。笑)

 

                      ご案内をするという目線で歩いてみると...

 

                                 そう。

                          やっぱり観光の地ではなく、

 

                                                                         でも !

                                    富士山の全景を眺められたり、その姿が雄大に迫ってきたり、

                                そぉして、なにより豊かに広がる自然が近い公園がいくつもあったり。

 

Photo_3

  Photo_4  

 

Photo_6

 

Photo_7   

                 (小さい頃、遠足の定番地であった『岩本山公園』より。

               季節により、梅や桜、紫陽花が見事に咲き誇る場所です。)

 

                        豊かな街で育ったんだなぁ...と、

                         改めて愛おしくなりました。

 

                    どこまでもついてくる(ように見える)「月」の如く、

                     いろんな場所に「富士山」はついてきます。

 

  Photo_8

                    富士の老舗菓子店の銘菓も『富士山頂』

                       こんなところにまで富士山です。

 

|

・魅了

  1

                           

                                                工房の上窓から満月の軌道を捉えて、

    

Photo_6   

   

                 翌日には雪をたたえた足高山の稜線を割ってまた昇り、 

                     そして今年初めての雪を連れてきました。

 

  Photo_4   

   

                         空から舞い降りてくる白い雪。

    

     

Photo_5    

   

                       温暖な土地に暮らすからでしょうか、

                        夏が‘超’苦手だからでしょうか、

 

  Photo_7

   

                        空から舞い降りてくる‘白い雪’

                                                       いつでも私をグッと魅了して...

 

Photo_8  

                                       いつでも心がウキウキとときめくのだから不思議です。

  

  

|

・「ストライプ展」  / at. RYU  GYALLERY

 

>>  ご案内が遅くなりましたが...

     『ストライプ展』というテーマをもった企画展が始まっております。

  Photo_2                   (人懐こいRYUさんち外猫さん、... マツコに似てる。)

  

      - DMより -

          ストライプってとても単純なデザインの様でいて、

          色彩やグラデーションによって、

          思いがけない複雑な顔を見せてくれます。

          そんな奥深いテーマに6人の作家さんが取り組みます。

    

           ~ 1/19(日)11:00am ~ 5:30pm

               *1/13(月)はOPEN

          宇佐美和彦(絵画) / 遠藤和帆(織物) / 酒井美華(陶芸)

          望月章司(写真) / 山仲久美子(陶芸) / 鈴木有紀子(ろうそく)

    

          RYU GALLERY   静岡県富士宮市万野原新田3920-11

                                 TEL  0544-91-7043

 

                                 ・・・

                                      Photo_3 Photo_4

 

Photo_7    

   

Photo_10   

 

      Photo_8    

 

Photo_12

 

Photo_9 

 

                                                      お時間がございましたらぜひ。

                   週末でしたら、koko kaltio. とのハシゴもぜひ!

  

                                 ・・・

  

Photo_11  

                         画像わかりづらいですが、

                    ブルーからピンクへ色の移行のストライプ。

  

|

・創ることは

  

Photo_2

  

  

                          創ることは  遊ぶこと

  

                          創ることは  狂うこと

  

                          創ることは  生きること

 

 

  

昨年亡くなられた大滝秀治さんの葬儀の際に、

倉本聰さんが仰っていた言葉。

年末、思いがけず再びその言葉と出逢う。  

  

先生。

狂うほどにそれができたならば... もっと何かが見えてくるのでしょうか。

でもその何かは、意外にもそんなダイソレタコトではないのだと...

ただその何かへは、もっともっと... もっと ∞、な実感です。

  

北より遠く離れた南の海辺。  

倉本さんの頭の中、今をトキメクのは十中八九... 『剛力彩芽』さん。

coffeeをすすりながら、思わず笑み。

次作(きっとTVドラマ)、キャスティングが楽しみなところ。

高倉健さん×剛力彩芽さん...  叶ったら楽しい。

  

|

・ようやく、

  Photo_3

  

                     年末年始は展示会準備の制作に身を置き、

                       お正月らしいことは、元旦にのみ。

                  初詣でと、作ってもらった御節と箱根駅伝をちらっと。

                           そして、軍師 官兵衛。

                                                                 (...十分ですが。)

  

                                           お掃除、年賀状の類は、心苦しくも全くの後回し。

  

                                         ようやく搬入を終えて、頂いた年賀状にお返事を。

                      運動不足、立ち仕事の足腰痛解消に、

                       久しぶりに郵便局まで歩いて投函に。

 

                                              日頃、車では通ることのできない裏路の路...

 

                小さな路が意外にも碁盤の目のようになる厚原という所。

                                                               (坂道ですけれど...)

                         たまに散策、楽しいのです。

  

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »