« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

・仕込み

 

 

Photo_2

 

 

 

 

                                                         薄氷は極薄の板氷に...。

 

                                            地味に淡々としたこの工程に生まれるものが、

                         この後kaltio.ろうそくのmatka(マトカ)の場合、

                                              『ろうそく』の灯し具合を繊細に左右します。

 

                  機織りで云えば、縦糸を幾通りも通す工程でしょうか。

 

                        地道に大事な作業だと心得て。

 

 

 

 

|

・合図

 

Photo


 

                               薄氷はる

                            (...そんなイメージ)

                  wax表面の温度がじわじわ下がって作業モードへ...。

                   (実際を触れるまでにはもう少し時間が掛かります。)

                     作業の頃合となったら、適温はほんの束の間のこと。

 

 

                            焦らず、急げ、急げ。

 

 

|

・『茶畑』 / matka

 

 

Photo_11

                     暮らす街にて車を走らせれば到る処で出会う

                                                              [The 静岡]な風景。

                                                    灯りの中に閉じ込めてみました。

 

  

                                こうしてみると八十八夜... 初夏の頃の爽やかな色合いですね。

           『灯したときのあかりの様子が忘れられない...』と、ODを頂き仕立てました。

 

 

                                             w様は、以前出品したクラフトコンテストという場にて、

                                   たまたまkaltio.ろうそくをお選び下さった方なのですが、

 

Photo_12
                                                       (ワタシの記憶が確かなら...『coyo^te』を)

 

 

 

               会場スタッフの方に『静岡で制作する作家です。』と案内され、

             「(!)静岡のどちら?」 → 『‘富士市’という所です。』 → 「!!!」

              ...と、住まう街で、しかもわりと近い場所という驚きのあまり

             ギャラリーshopに駆け付けて下さった、逆輸入(笑)ヴァージョン ? にての

                          出会いのお客さまなのです。

 

                どこに知って戴く機会が転がっているかわかりませんね。

                          ありがたいことだと思います。

 

 

                                    * 少し、実店舗 [ koko kaltio. ]にも並べてございます。

 

 

|

・産物を味わう

 

                         ワタクシの暮らす‘富士市’では、

              特産の「無花果」「富士梨」という秋の恵の季節を迎えております。

                                                            地元の産物を使って、

 

Photo_13

                            無花果の赤ワイン煮

                   (*こちらは実店舗 [ koko kaltio. ]にてご用意も。)

 

 

Photo_14


 

                                梨のピザ

                      (*こちらはとある日のkaltio.家の食卓に。)

                         新しい「美味しい」との出会い♪

 

 

 

 Photo_15


 

              そして、昔ながらの農家さんの間では熟知の『厚原のさつま芋』。

                築地市場では知る人ぞ知るブランドとなっているとのこと。

 

                               先人に聞く、

                     その昔の富士山噴火の折の溶岩の地盤が、

                     思わぬ美味しい産物を作り上げたのだとか。

 

          ご近所の w さんから『今年は本当に美味しくできた。』と、折り紙つきの戴物。

 

                         ホクホクと天ぷらにして戴きました。

                  ふかしたり、大学芋にしたり... 楽しみながら戴きまーす。 

 

 

 

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »