« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

・光の柱に  / 白い世界

 

 

Photo_3

 

                                        薄氷 が張るのを待って、そこから繊細に 板氷 を。

                灯りをまとって静かな時の輪郭を浮き立たせるかのよう...。

 

 

 

|

・初冠雪 !

 

 

Photo_2


 

 

                       暑さに弱いワタクシにとってこの日は、とても特別な、

                                                        心から歓びの湧く...そんな位置づけの日。

                 無事に『夏』を乗り越えました...と、ご褒美のような響き。

 

 

                                 日々、この山を仰いで暮らしていたって見飽きることもなく、

                                  初冠雪を迎えた日は、『きれいですね。』と挨拶を交わし、

                                                            『わぁぁ』と歓声の上がる朝の公園にて。

 

 

                                                                                                      ・・・

 

 

Photo_3


 

                                       お散歩途中の犬君もすっかり見入ってしまう...様子。

                                                             (同士よ、) 

                                                                             よく『夏』を乗り越えたね...

 

 

 

  

|

・バランス

 

 

Photo_3

 

 

                                                               ろうそくに施してゆく小さな風景も。

 

                                                                               夜空に瞬く星を仕込む。

                     もっと小さく瞬いて...と思えば削ってゆくしかない。

 

 

                 細やかなテマヒマが集結して出来上がる陰影の世界は、

                     灯せばたちまち大らかな時の流れに変わるから、

                      このハッとする心躍る感じを知ってしまったから。

                     灯して下さる方にも味わって、愉しんで頂きたくて。

 

 

                    欲をいえば、もう少し量をつくることができれば...ね。

 

 

 

|

・初収穫!

 

 

 

Photo_2

 

                              オリーヴの樹を植えて8年近く。

                               今年始めて‘実’を結びました。

 

                                                                                    それもたった一コ。

 

                                                        台風前にポトッと落ちて始めての収穫。

                  塩抜きして、オリーブ油に漬けて...  まだ儚き夢の話。

 

 

 

|

・納品しました。

 

  Photo_14


 

    >>   静岡市美術館ミュージアムshop&カフェ さまへ

      「富士山ろうそく」を納品しました。

 

   ご案内が遅くなりましたが、先日始まりました展示会に合わせ

   制作・納品致しました。

 

   『国宝 久能山東照宮 展』  ~2014年11月24日(月・祝)

                     10:00 - 19:00 (入場は閉館の30分前迄)

                     毎週月曜休館 / 祝日の場合火曜振替

 

                     静岡市美術館 / ミュージアムshop&カフェ

                     静岡市葵区紺屋町17-1   葵タワー3F

 

 

・・・  ・・・

 

2014_2

 

   徳川家康公が晩年に『自らを久能山に葬るように』と遺言してから約400年。

   2010年に国宝指定された久能山東照宮の最古の東照宮建築も併せて

   お出掛け、見物なさってみてはいかがでしょうか。

   勿論、駿河湾を大いに臨む、恐怖の久能の石段から...(笑)。

   前職は、建築会社がこの久能にありました。

   海を背に図面と睨めっこしてパース(完成予想図)を描いていた頃...

       終業後テトラポットで釣りをしたり、赤ちゃん猫を保護して育て、

   里子に出したり...

       (...どんな会社だ。)思い出深い土地です。

 

 

   まだseasonを迎えてはおりませんが、久能は『石垣いちご』のイチゴ狩りで

   有名な場所でもあります。

 

 

|

・舟遊び / 岐阜

 

 

Photo_4


 

                       先日のこと、「鵜飼い」をみに岐阜へ。

 

 

                         話は遡ること夏の手前のこと...

 

 

                 『静寂の闇の中の火をみに行きましょう。』とお誘いの声。

           声の主は、岐阜でガラス制作をされている日々ガラス製作所のさこうさん。

 

 

              本当は活気立つシーズン(夏)に行くのがよいのだろうけれど、

            夏の岐阜... とイメージしただけで気が遠くなり(夏は苦手なもので...)、

                   見せて下さる漁の期間もぎりぎりの秋の入り口に、

                   さこうさんもワタクシも忙しくなる寸前の気分転換にと、

                       さこうさんご夫妻と優雅な舟遊びを。

 

 

                メジャーな長良川の鵜飼が行われる少し上流の漁場にて、

                                       川面を渡る秋風が、静寂の闇にとても気持ちがよく、

                                                       岐阜提灯にはろうそくの灯り、

                              手漕ぎの渋い木造の舟は、若い船頭さんによって、

               エッチラオッチラと木音・水音を立てながら長良川を滑ります。

 

 

                                                  月まででてきて、なんと気持ちのよい...

 

                     地元での陰翳礼讃な素朴で優美な世界を、

                      日頃、炎の陰影に身を置くろうそく屋に、

                    みせてあげたいと思って下さったんだなぁ...と、

                            嬉しく噛みしめた夜。

 

 

  Photo_11


 

                 『がんばったでしょ。』と、誇らしく近づいてきてくれた鵜。

                                        (かっこよかったよ。)

 

 

Photo_12

 

                            こちらは、(dさん、uさんを連想させる)

                                さこうさんお気に入りのショット。

                                              (でしょ。) 

 

 

                地元の方は、なかなかあえて舟に乗ることはないそうで...

                                そうか ! 

            ワタクシが富士山を見ながら暮らすも一度として登ったことがない...のと

                            おんなじ感じかも(笑)。

 

 

              この後は、水耕栽培ポットやキャンドルポットの生まれる場所へ。

 

                                                      作り手同士... 話も尽きることなく、

            暮らしや制作現場、笑いあり刺激ありのあっという間のプチ旅でした。

 

                            さぁ、ハイシーズン。

                考えることのある今だけれど、とにかく手を動かしましょ。

 

                さこうさん、ご家族の皆さん、快くありがとうございました!

                              次は富士で。

 

 

 

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »