« | トップページ | »

・少しずつですが。

 

 

Photo_4

 
                                          『街の灯り』

 

  

                                 ・・・

 

   - 想い -

 

 

キャンドル(ろうそく)は、工作やその筋(...どの筋)の方が担当せずとも

ws で扱われることも多いそうで、

『型に流せばポンとできるでしょ』... などと安直に思われがちな材のひとつでもあるようで。

 

 

『ろうそく』もいろいろとあるのだと思いますが、

一応...ろうそくにこんな風にしたら楽しめませんか(?)と、

表情を持ちかけているような作業をしているワタクシなどは、

たまに面と向かってそんなことを言われてしまいますと...

「ハハハ...」と(何と云ってよいのか...わからなく)なったりしてしまいます。

 

構想、試作を経て...

きっとどんなジャンルにもある下準備、工程、仕上げを重ね...

ということは同じなワケでして。

 

kaltio.ろうそくの場合、やはりとくに、

『型に流して、はい、ポン!』 のようなコトは少なく...。

時おりに...お見せできる部分、

作業中に手を止め撮れる機会は限られますが、

甲斐間見て知って頂くblogでもあれば...とも思います。

 

 

現代において...『ろうそく』は、生活の中での灯りの文化の薄や、

そういう部分...軽く捉えられてしまう感も否めないところが残念でもありますが、

ソレコレ乗り越えても、やはり単純に灯りの様や、

その灯りを傍らに...皆さんの過される時間の愛おしさが存在することは確かなコトで。

 

ぜひ、いろいろな角度より『ろうそく』に興味、アプローチ頂ければ...

と思ったりするのです。

 

 

と、時おりまじめに...こんなコトを思いながら。

 

 

|

« | トップページ | »

アトリエにて」カテゴリの記事

  • (2018.10.11)
  • (2018.09.04)
  • (2018.08.29)
  • (2018.06.18)
  • (2018.06.18)