« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

・作る

 

ろうそく以外にも、お仕事として作るものがある。

実店舗の cafe space でお出しする、

季節の食材を使ったカンタンなデザート menu 。

 

Photo_3

 

『出来合いの物を出せば..』というヒトもあるけれど、

こういう一つ一つのこだわり...というのか、

心づくしのものの集結で、「koko kaltio.」という空間を

成してゆくのだと思うと、

やはり、大したものはお出しできずとも...と、

準備に励んでしまうのです。

 

 

Photo_4

 

季節の食材は『桃』から『無花果』へ。

「無花果の赤ワイン煮」を現在お出ししております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

[ご案内] 

9月第2週末より、ろうそく制作時間を集中して

過しますので、実店舗「koko kaltio.」は暫くの間、

お休みとさせて戴く予定でいます。

ご不便をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

[ ]

 

|

・暑い

 

暑くて、暑くて...

制作作業効率の下がる中、

新たに作ろうと思っている灯りの試作、

灯り具合 ... 諸々を見極める test も同時進行で。

 

灯りが醸し出す緩やかな時間の中ではありますが、

頭の中は、あーでもない、こーでもない...と、

様々な意見を出しながら絶賛!熱く...会議中。

 

Photo_2

 

|

・すずめちゃん

 

 

こうも暑いと...

すずめたちだって

 

Photo_5

Photo_12

Photo_13


Photo_14

Photo_15

Photo_16

Photo_17

Photo_18
 

もぅ... 目元、緩みっぱなし...。

 

 

日頃の飲み水をはったボウルの中へ、

ザッブーーーン、ばちゃばちゃっと。

水浴びもしたくなりますよ。

お庭はさながら、保育園状態。

暑い夏を乗り切ってね。

 

|

・小さなお休み

 

 

2年...3年越しでようやく。

その近隣で、久しぶりの山角さんのパンにも出会える。 

期待の避暑... 涼しくない。

 

Photo_3


Photo_4


  

|

・受賞のご報告

 

 

先に行われ、出品致しました Candle Craft Contest 2016 。

ご連絡を戴き、この度「スイム スイム」というろうそくに、

「キャンドルクラフト賞」を戴きました。

 

Photo_2

 

 

こちらのコンテストでは、

素材、技術、デザイン、安全性、コンセプト 等々...

あらゆる視点から総合的に判断され作品が選ばれます。

 

 

思うところがあって、手掛けて取り組むものがあり、

自身の中では、これまでよりone step高見を目指すような

取り組みをしたろうそくでしたので、

一つ、目に見えやすい結果として、‘受賞’が伴って、

純粋に嬉しく思っています。

ありがとうございました。

 

 

尚、こちらのろうそくは、

キャンドル・クラフト kaltio. の実店舗 koko kaltio.

と、

トモスB さん *8/11(木) - 16(火)夏季休業

(東京都中央区日本橋1-3-1 渡辺ビルBF

tel 03-3246-1630 )

にてお取り扱い中です。

ぜひ、実物の灯り具合...ご覧下さいませ。 

 

・・・   ・・・   ・・・

 

 

結果報告の書類の一文に

『何気ないデザインでもキャンドルとして灯りをつけた時に、

心を動かす物があるかどうか。』

とあったのですが、

私が作っていて心がワクワク、キラキラとそよめき立つポイント...

『心を動かす物』という点。

 

 

 

・まっさらな中、イメージが湧いたとき。 

・制作時 (ほぼ仕上げの段階になりますが、)に、

 透け感だったり、それが灯りと心地よく呼応することが

 確認できたとき。testして実感に変わったとき。

・制作したろうそくで、人を感動させよう..だなんて、

 おこがましく大層なコトは考えておりませんし、

 意図して容易くできることではないと思うのですが、

 灯して過して下さった間に、結果として、

 その方の心や記憶の片隅に心地のよい余韻を

 感じて戴くことができるのだとしたら、

 密やかだけれど、もの凄いことなのだと思うのです。

 

 

Photo_3
 

Photo_8


  

 

 

言葉で言い表すのは、

的確でない感覚もあって難しいのですが、

こんなことを感じられた時、

心がふるふるしている瞬間があって制作できている時には、

なんかしら、この『心を動かす』と感じて下さることに

近づけているのかもしれない...と少しだけ思ったりもするのです。

 

 

・・・   ・・・   ・・・

 

(こぼれ話...)

 

このコンテストの丁寧な取り組みは、

会場でそれぞれのろうそくに火を灯して観て戴けるよう、

灯りのお世話をしながら対応下さることに始まり...なのですが、

来場のお客さまにアンケートお願いして下さるのです。

用紙とペンを手にゆっくりとご覧戴くのですが、

そちらでの生の声というものを作り手に届けて下さいます。

 

私のろうそくにも様々なお声を届けて戴きました。

穴が開くほどにご覧戴いた感や、

繊細な所に迄思い及ばせて下さった温かなお声を

ありがたく受けとめて、またこれからの励みとさせて戴きます。

ありがとうございました。

 

 

Photo_9


 

・・・白のろうそく...我が道を行き過ぎ(笑)て、

  消火時、もしくは明るい時間帯には、

  只の白い四角...ですからね(苦笑)。

  なんとか伝わって...安堵。

 

 

|

・久しぶりの素材

 

 

Photo


  

もう、立派に盛夏の頃...

灯りだってできれば涼しげに灯したい。

 

透明感をもって、お水にぷかぷかとさせたら

夏の夜も少しは涼しげに演出できるかもしれない...。

 

今週末、アトリエ実店舗 「koko kaltio.」 では、

もうすぐ迎える『ムーミンの日』にちなんで、

すこしだけfinlandっぽいことをする予定。

 

この涼しげな灯りをアルヴァ アアルトの有名なこのカタチ、

aalto collection...森と湖に思いを馳せて。

 

 

Photo_2

 

・・・   ・・・   ・・・   ・・・ 

 

jel waxを久々に。

kaltio.の工房内の素材の在庫は、

今風の固形を液体に戻して使うというタイプではなく、

液体に凝固剤を添加して溶かして使用するという

ちょっと手間の掛かる lab 的要素を含んだ素材。

 

ちょっとした理科科学室です。

 

 

感覚を確かめながら、作業。 

次回の仕入れからは、今風の楽ちんなものになるんでしょう。

硬さの微妙な調節が利いていいんだけれど、

今時は、もうそういうのしか見かけない...。

 

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »