« | トップページ | »

・今週末は、『工房からの風2016』

 

 

 

出展致します。

 

Photo_6


 

 

 

 

この春、postに届いた封筒。

 

『ようこそ (略) 

みたび、扉が開きました。

進化した姿でご一緒できますこと、 

 

 

(略) 

 

 

工房からの風。

みたびこの風を起こし、渡らせていく人へ。』

 

 

 

嬉しいお便り、そして背筋の伸びる

心地よく大きな緊張感がみたび。

 

 

 

・・・  ・・・  ・・・ 

 

 

『工房からの風』

 

 

作り手のあたり前の孤独な時間と充実の時間と、

確認し深め、確かに備わる技術。

その先に広がる環... や、繋がる自信のような得難い経験。

長いようで短い半年という自身と向き合う時間が、

今週末迎える心地のよい場にたくさん実ります。

 

 

どうぞ、足を運ばれて、

心惹かれるもの、心躍るもの...手にとって、

素直に使ってみたいもの...それぞれに作り手とお話して、

心と手とで触れてみて下さい。

 

 

 

・・・   ・・・   ・・・

 

 

 

 

さて、ろうそくを作る私。

冒頭に触れましたように、今展で幸せなことに3度(みたび)。

 

Photo_11

 

 

飛び跳ねんばかり嬉しさで迎えた2009年。

人の環も広がり、刺激を受けて、

自分なりに作ることにもう少し深く向き合った2012年。

そして2016年。

 

 

もう一度この場に...と思いつつ、

あと一歩自身を後押しできず過したこの4年。

 

 

進化した姿』 ...

 

Photo_7

 

この暫く籠もった時間に出来上がったろうそくは、

数が思ったよりも揃わなかったのです。

(あ、でもがんばりましたよ・笑)

 

 

それは、明らかに手掛ける物が、

時を重ねるごとに

細かな工程を踏んでその集合で奥行きのある灯りへ

仕立てていっているからだと思いました。

 

 

Photo_10

 

 

この秋、初めて出会って下さる方には...どうでしょうか。

ずっとみていて下さる方には、「進化」というのか、

あれから歩んできた「成長」を『おっ...』とでも、

声をもらして戴けたら嬉しいのです。 

 

 

 

自分の手が創り出したい灯りを、

当初、屋外では寂しげになるかもと見送った

「白い灯り」を、

この場でそよがせてみようと思う今回。

 

 

Photo_12

 

 

どうか、届くべきひとの心へ、

届くべき人のもとへ

 

 

10/ 15 -16

ニッケ鎮守の杜にてお待ちしております。

 

|

« | トップページ | »

展示会のお知らせ」カテゴリの記事

  • (2017.05.25)
  • (2016.10.13)
  • (2016.09.01)
  • (2015.12.29)
  • (2015.12.10)