« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

・富士山の日

 

 

2. 23 「富士山の日」

Photo
(「富士山ろうそく」)

 

 

‘ろうそくに火を灯す’ということに、

大半の方には、『もったいない』ですとか、

『崩れちゃう』ですとかの大きなハードルがあるようで...。

 

灯り(炎)で照らす道具である「ろうそく」を

制作し始めてかれこれ長く経つのですが、

 

未だ、この声と、煌々たる照明文化の壁が、

手掛けたものをご覧戴く時に、

大きく前に立ち憚る実感があります。

 

 

日頃手掛けている、安定感のある大きめのろうそくを、

ろうそくを好きだとは仰られるけれど、

灯して寛ぐ時間を持つまでに至らない方に、

そんなに大きく身構えなくても...と、

灯すきっかけにして頂けるような小さな灯りを作ろう、

そう思って生まれたのが、この「富士山ろうそく」です。

 

 

決めゴトは、小さくあること。

 

 

意匠は... と考えた時、

生まれてこの方、いつも近くにあり、

凛として、日本人なら.. ぃゃ... 世界中の人がその存在を

知る富士山を思ったのでした。

 

 

Photo_7
 

(本家、今日の富士山)

 

 

けれど、いわゆる富士山GOODSにしたくはない..という気持ち、

(灯して頂くために作ったのですから。)

飾っておきたいというお気持ちも否定せず...

3つ入った(化粧箱入りで販売致しております。)状態なら、

1つくらいは、灯をつけてみようか...と思ってもらえるかもしれない。

 

 

そんなことを考えながら生まれました灯りが、

kaltio. bland 中でも一際目を惹く(だって富士山だもん・笑)

存在になっております。

 

富士山が好きだという地元のお客様、お土産ものにですとか、

日本を訪れた海外の方、人を介して海外へ...

いろいろな場所へ旅立っているのもこの「富士山ろうそく」です。

 

 

作り続けていられて幸せです。

 

 

・・・  ・・・  ・・・

 

Photo_2

Photo_3

 

Photo_4


 

 

こちらの「富士山ろうそく」は、

静岡市美術館 ミュージアムショップ&カフェ さま ()、

N Drive shop (net shop) さま () 、

只今、close中ですが、アトリエ実店舗 koko kaltio. にて

お取り扱いがございます。

 

|

・冬

 

Photo
(ロウソクのろうそく/シルエット)

 

 

 

寒いけれど、暖かい。

..でも、やっぱり空気は冷たい。 

 

冬も終盤なんだなぁ..と思う。

 

 

今冬はオリンピック。

アスリートたちの純粋な精進の結晶が眩しい日々。

 

 

何かを始めたいなぁ..という気持ちになります。 

春が来る...というそれに、どこか似ていますね。

 

|

・ちょこっと

 

 

Photo_4

 

Photo_2

Photo_3

 

 

 

今年はちょこっとモテモテ。

 

ワタクシが乙女(古ッ・笑)だった頃とは、

昨今...st.valentainの持つ意味合いが

ずいぶんと違っているんですね。

 

まぁ、

もともとチョコレート業界に... ○△□

って、夢のないことを言ってはイケマセンね。

 

ありがとうございました。

美味しく戴きます。

 

|

・納品致しました

 

 

Photo_4

  

・「ロウソクのろうそく(シルエット/ホワイト)」

・「木立ち」

 

石見銀山生活文化研究所さんにお送りさせて頂きました。

こちらは、島根県の本拠地にお送りし、

その後、東京の『群言堂 gungendo』さん

(丸の内/ KITTE店、日本橋/ コレド室町店)にて、

ご案内戴けると思います。

 

先、寒波による輸送の遅れも生じる場合がございますので、

店頭に並ぶまでに多少の誤差があると思います。

ご了承の上、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

・・・  ・・・  ・・・ 

出来上がった灯りから、

お送りさせて頂きます。

 

工房内は、真っ白の作業から、カラフルな作業へ...。

 

|

・魅了するもの

 

 

 

2018_4

皆既月食

 

今月2度目の満月の夜、

皆既月食で月が陰る。

 

 

現代では、あらゆる情報を手に入れて

愉しむことができているけれど、

情報を持たない大昔の先人たちは、

こんな夜の現象をどんな気持ちで仰ぎ見たのだろう。

 

 

満月なのに月が欠けてゆく不思議。

 

欠けるというのではなく、陰っているのだという不思議。

 

私たちの住む星が月に影を落としているのだという

不思議。

地球の陰が映って目にできるのだという、

すでにワケのわからないほどの距離感...

 

 

この夜にお月さまは、どれだけの人を惹きつけているのだろう。

 

 

ひとを魅了するもの...。

 

 

私も魅了された者のちっぽけなひとりでした。

 

 

∴2月は満月の夜がありません。

   3月は、また2度の満月日があるようですよ。

 

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »