« | トップページ | »

・魅了するもの

 

 

 

2018_4

皆既月食

 

今月2度目の満月の夜、

皆既月食で月が陰る。

 

 

現代では、あらゆる情報を手に入れて

愉しむことができているけれど、

情報を持たない大昔の先人たちは、

こんな夜の現象をどんな気持ちで仰ぎ見たのだろう。

 

 

満月なのに月が欠けてゆく不思議。

 

欠けるというのではなく、陰っているのだという不思議。

 

私たちの住む星が月に影を落としているのだという

不思議。

地球の陰が映って目にできるのだという、

すでにワケのわからないほどの距離感...

 

 

この夜にお月さまは、どれだけの人を惹きつけているのだろう。

 

 

ひとを魅了するもの...。

 

 

私も魅了された者のちっぽけなひとりでした。

 

 

∴2月は満月の夜がありません。

   3月は、また2度の満月日があるようですよ。

 

|

« | トップページ | »

etc...」カテゴリの記事

  • (2018.03.11)
  • (2018.02.14)
  • (2018.02.01)
  • (2018.01.11)
  • (2018.01.14)