« | トップページ | »

・富士山の日

 

 

2. 23 「富士山の日」

Photo
(「富士山ろうそく」)

 

 

‘ろうそくに火を灯す’ということに、

大半の方には、『もったいない』ですとか、

『崩れちゃう』ですとかの大きなハードルがあるようで...。

 

灯り(炎)で照らす道具である「ろうそく」を

制作し始めてかれこれ長く経つのですが、

 

未だ、この声と、煌々たる照明文化の壁が、

手掛けたものをご覧戴く時に、

大きく前に立ち憚る実感があります。

 

 

日頃手掛けている、安定感のある大きめのろうそくを、

ろうそくを好きだとは仰られるけれど、

灯して寛ぐ時間を持つまでに至らない方に、

そんなに大きく身構えなくても...と、

灯すきっかけにして頂けるような小さな灯りを作ろう、

そう思って生まれたのが、この「富士山ろうそく」です。

 

 

決めゴトは、小さくあること。

 

 

意匠は... と考えた時、

生まれてこの方、いつも近くにあり、

凛として、日本人なら.. ぃゃ... 世界中の人がその存在を

知る富士山を思ったのでした。

 

 

Photo_7
 

(本家、今日の富士山)

 

 

けれど、いわゆる富士山GOODSにしたくはない..という気持ち、

(灯して頂くために作ったのですから。)

飾っておきたいというお気持ちも否定せず...

3つ入った(化粧箱入りで販売致しております。)状態なら、

1つくらいは、灯をつけてみようか...と思ってもらえるかもしれない。

 

 

そんなことを考えながら生まれました灯りが、

kaltio. bland 中でも一際目を惹く(だって富士山だもん・笑)

存在になっております。

 

富士山が好きだという地元のお客様、お土産ものにですとか、

日本を訪れた海外の方、人を介して海外へ...

いろいろな場所へ旅立っているのもこの「富士山ろうそく」です。

 

 

作り続けていられて幸せです。

 

 

・・・  ・・・  ・・・

 

Photo_2

Photo_3

 

Photo_4


 

 

こちらの「富士山ろうそく」は、

静岡市美術館 ミュージアムショップ&カフェ さま ()、

N Drive shop (net shop) さま () 、

只今、close中ですが、アトリエ実店舗 koko kaltio. にて

お取り扱いがございます。

 

|

« | トップページ | »

ろうそく」カテゴリの記事

  • (2018.02.23)
  • (2017.07.08)
  • (2017.03.14)
  • (2017.03.14)
  • (2016.11.30)