« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

・研究中...

 

 

Photo_4

 

 

再び...観察、

思い、届きたい所まで、

...分析中。

 

|

・やっぱり楽しい

 

 

Photo_3


 

 

まつもとへ行くのなら..と、1日はやはり大好きな安曇野へ。

 

 

 

会えないでいる時間もすぐに吹き飛んじゃう。

大好きな人達、

ずっと変わらずに可愛がってくれる人達の住む

大好きな場所へ。

 

 

好きなものが思わぬ方向に届いて、

楽しいハプニングに発展したり、

動けば、また何かが動く...。

常念岳の残雪もきれいないい季節でした。

 

 

|

・助っ人

 

 

Photo


 

 

キャンドルポットを制作してくれている さこうゆうこさん(ガラス)、

まつもとクラフトに出展。

1日だけですが、野外展示のお手伝いに。

(実は、作り手としてどうなのか...というところですが、苦笑い..

前に出るよりサポートの方が性に合っているのです。)

 

 

Photo_2

 

 

早朝から、テントをちょこっと引っ越してみたり、

お客さんの動線を想像してさこうさんのガラスたちを

一緒にしつらえ。

さこうさんの展示はいつも素敵なので勉強になります。

木漏れ日が器に綺麗な、ピクニックのような

展示ブースになりました。

 

 

 

楽しかったです。

 

|

・atelier shop お越し戴きありがとうございました。

 

 

Photo_10

 

 

限られた広報にも関わらず、

koko kaltio. への其々の想いを抱えて

ご予定を合わせて下さいましたお客さまに、

心より御礼申し上げます。

 

koko kaltio. でのご挨拶は、こちら へ。

 

 

 

Photo_11


 

 

 

今後は、再びろうそく制作のシーズンを迎える前に、

工房の手直し 等、行う予定です。

atelier shopでもある実店舗、 koko kaltio. は、

再び小休止とし、

日頃、こちらのshopにて灯りをご覧下さっているお客様へは、

ご不便の期間中には、

納品の際、お取り扱い店さまのご案内と、

又、shop weblog上にてご購入の機会を考えてゆきますので、

また改めてご案内をさせて戴きたいと思います。 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

|

・久方ぶりに...

 

実店舗「キャンドルギャラリー koko kaltio. 」を

久方ぶりのほんの少しだけopen致します。

 

2018. 5/19(土) 13:00 - 17:00

            20(日) 13:00 - 17:00

            21(月) 13:00 - 17:00

 

* cafe spaceは、席数が少なくささやかな空間の為、

 ギャラリーご利用のお客様を優先とさせて頂きます。

 

 

Photo

Photo_8

Photo_9

Talo


Photo_10


 

 

また、このopen期間以降は、工房の見直しをする予定です。

現・shopとしての形態はこれにてひとまず休止とします。

 

作ること :  お店 :  +cafe 、

長いことこのバランスを一人で保つことの限界(?)、

訪れて下さるお客様とのbestな距離感... を、

作ることにもっと重きを置くべきではないか...と、

考えれば考えるほど難しいことだと学びながら。

 

ろうそくのシーズンを外れた今、これからのシーズンまでの間に、

工房の足均しをしながら、新たに、どういう形態が望ましいのかを

模索してゆこうと思います。

 

 

灯りの空間をどうぞお楽しみ戴けましたら。

 

|

・GWには...

 

 

お知らせが遅くなりました...。

 

Ndriveshop_2

(画像はn driveさんより)

 

 

 

日頃よりkaltio.のろうそくをお取り扱い下さっている

N drive shop (web) さんが、

GW中の期間限定で、新東名高速道路 Neopasa 清水(上り)にて、

shopを open されています。

 

静岡・愛知 etc... 東海圏に暮らす作り手の手仕事の品々を

ご覧戴けます。

 

GW中の移動の休憩に、

高速道路の充実のSAを目的の一つに、

ぜひお出掛け、お立ち寄り下さいませ。

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

(*『富士山ろうそく』完売御礼)

 

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »