・最近のこと  (ものづくり)

 

 

 

一見、

音のないような静寂な世界にも、

 

 

 

 

 

「音」

  

 

 

 

 

 

 

 

は、ある。

人の耳には届かないくらいの微かな音。

 

 

 

 

 

凍てつく夜に雪が舞い降りてくる気配...

深々とした音が確かにある。

 

 

 

 

日中でもひんやりと、

人も足を踏み入れることのない森林にも...

樹々の息づく営みの音が聞こえてくる。

 

 

Photo

 

 

静かな佇まいのろうそくにシュッと炎を宿すと、

聞きこぼしてしまいそうなほどの音が

確かに心に届いてくるような...

そんな灯りを表現できたら... と。

そして、「時」を豊かな記憶に残すべく灯してもらえたなら。

近々は、そんなことに思いを馳せ作業している。

 

 

Photo_2
『街の灯り』

 

『街の灯り』というろうそくをカタチにしだした辺りから、

温めていた何かがカタチに添うように

響き合いだしているような実感が微かにある。

 

 

 

waxの性質上、不得意と思われる表現技法を、

ずっと長いことどうしたらできるだろうと考えては試していた。

ようやくこういうコト... という方法に出会えた。

だからこそ、表現が広がるような気がしている。

 

 

時を好機にして、同じようなことを独自に歩んできた人に

ようやく出会えた。

お互いに、苦労して追究してきたからこそ許しあえる

情報交換をしてみたりもした。

(愉しかったなぁ。)

 

 

Photo_3
『スイム white』

 

Photo_4

 

 

ろうそくを作り続けて約20年ほど...

ようやく見えてきたこと、聞こえてきた音がある。

そして、まだまだ辿り着けないこともあるし、

まだ見ぬ景色もきっとある。

 

 

歩む速度は環境の折々で変わるかもしれない。

けれど、

 

 

 

 

わくわくする。

 

 

 

 

そして、願わくば...

使い手となる皆さんにも、

期待したいことがあったりして。

これはまた別の機会に...。

|

・過日のこと

 

Photo_5                                           「祝」

 

                            友達の夢が叶った日。

  

Photo_6 

                    うららかな春の日、その光景がとても嬉しく。

 

|

・ ...

    

Photo_2

       

                     小さなろうそくの灯りがこんなにも明るい。

                         (壁に花の影を映すほどに)

  

   

  

   

   

                淡々とした話し方の中にはいつでも微笑ましい深さがあり、

                  例えば、「... 」のニュアンスを読み取ってくれるひと。

                     その解釈ぶりが穏やかでとても好きでした。

   

  Photo

                『のびのびと、あなたらしくしていたらいいんじゃないか。』

                      ... そんな声が聞こえてきそうです。

  

|

・未だに...

   

Photo_11

  

あるときの旅は、とても印象に残る旅となりました。

  

ちょっとした環境の不便さがきっかけでしたが、

おそらくそこで知り合った方が皆、心根のよい方々だったことが、

今でも気に掛けあえる距離を生み出せているのだと思います。

  

そして旅の仕事をする彼のお人柄も、恵まれた要素のひとつでした。

     

  

... 訃報を知らされまして、未だ天に召されたことが信じ難く...

戴いたmail や、送って下さった旅先での画像を見返してしまう。

‘いない’... んですね、もう。

   

- 合掌 -

 

|

・ 花を買う

Photo

                 6月は大切なひと(いぬも含めて)とのお別れがあって、

                      毎年、少々 ‘ センチメンタルmonth ’

  

                 『カサブランカが好き』...と云っていた友人に贈り物。

  

                   旧街で物語に出てきそうなお爺さんが営む、

                      昔ながらの質のいい花屋さんで、

             奮発して、毎年お爺さんが云う『極上の代物』...というカサブランカを。

   

   

 

                                         今年もまたあなたよりオネエサンになりました。

 

|

・献杯

Photo_5 

  

                       しなやかに強い意志を持って生きる

  

                                                           自由で強くいることは、

                                              自身に強くいられるかということでもあり

                           人の「素」の部分、

                これほどにかっこいい人を、私のこれまでに知りません。

  

  

                            きっとこれからも。  

                        そして、たくさんの感謝の気持ちを。

 

|