・instagram ご案内  (こちらはtop掲載です。/ 新しいpostはこの下より。)

    

楚々として さりげなく ...、

灯して 尚 美しく ...、

灯が刻む 時の 輪郭

 

▶  info.

  5月、atelier shop / gallery 「koko kaltio .」open予定はございません。

  詳細は、shop (weblog / Instagram)をご確認下さい。

  

  6月、企画展 出展予定

     ・中国 

     ・東京 

      詳細は後日 ご案内させて頂きます。

  

* コロナウィルス感染拡大の状況によりましては、やむを得ず..

 営業の変更が生じる場合もございます。

 お出掛け前にはそれぞれのお店のsns 等ご確認下さいませ。

 

 

▶ instagram のご案内   ■ artistアカウント / ■ shopアカウント 

 

  

1_20210505124201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20210505125201

   

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

■  kaltio.rousoku.zukan

                                                                                              キャンドル・クラフトkaltio.

  

|

・1th anniversary 展 at.月森

  

    

 

  

D350982e799b40fd8a70cb00145decc3

 

 

    

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

日頃よりろうそくをご案内下さっております、

宮崎県綾町にございます 月森 様。

  

openより1周年を迎えられました。

  

  

これからお店を始められるという頃お声掛け戴きまして、

そのお店の名前が「月森」(さん)であること、

kaltio.の透ける灯りのデザインにはよく、月や樹々が施されること、

親近感を持って頂いたことをお話し下さいました。

  

  

  

Img_7835

  

    

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

1th anniversary展へお声掛け戴き、ろうそくをお送り致しました。

作品のみにて在店はございませんが、宮崎県の月森さんのお客様にも

ろうそくの灯りで過ごす時間をお楽しみ頂けましたら。

    

  

どうぞよろしくお願い致します。

  

  

アセビマコトさん

加藤かずみさん

kaltio.鈴木有紀子

キクタヒロコさん

くまがいのぞみさん

さこうゆうこさん

鈴木環さん

辻本路さん

天気雨さん

totokoさん

中嶋寿子さん

八窪省吾さん

武曽健一さん

遊土さん

(五十音順)

  

  

月森 (@tsukimori.miyazaki)

宮崎県綾町南俣745-3

2021.11/20(土) - 22(月)

 

 

|

企画展に参加出展させて頂きます。

  

    

 

  

「森へお散歩に」 2021.7.17(土) - 8.2(月)


A50ed0ee15594084b14da0c2d0190053

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出展

岩田智代

kaltio. 鈴木有紀子

キエリ舎

小園さやか

雪ガラス 

  

箱庭

台湾 台中市西謳美村路一段564 巷27號1樓

 

  

 

 

|

・価格の見直しを致します。

  

 

日頃より、kaltio. ろうそくを灯して戴きまして

誠にありがとうございます。

  

    

 

B539119c167843af922100b56a47974a

    

  

 

  

ろうそくは、過ごして「時」「記憶」「心」潤うものと思って

日々制作をしておりますが、いつしか終える消え物。

なるべく御負担にならないようにと料金設定をして過ごして参りました。

 

ここ数年を掛けて上がり続け、近々には又の原材料の価格の高騰があり、

健やかな制作リズムを保ってゆくこと..、

考えて、考えて..、

大変心苦しい気持ちもありますが、2021年7月より価格の大幅な見直しを

することに決めました。

 

 

ありがたいことに只今ろうそくにご関心をお持ち戴き、

お取り扱い下さっているお店様、工房直営のatelier shop、

それぞれに品薄状態が続いております。

(ご不便をお掛け致しております。)

 

7月に入りました頃、お待たせしておりますご注文の灯り、

常設にてご案内戴ける灯りを、漸く少しずつお届けできる予定でおります。

 

 

動かす手は健やかに、頭の片隅では悶々と過ごす日々。

  

  

使い手と作り手を繋ぐことに長く愛情を注ぎ携わる人に、

冷静な目で見てきたことを参考までにお聞かせ頂いたり..。

  

    

 

Img_3805_20210622133201

068fd26ea31547e2b3cb3352f7fe2cd1     

 

 

リアルに動く作業過程を目で追い、手掛けるろうそくのこと、

オリジナルのチャームポイントを施してゆく工程は、

一つ仕立て上げるのに思いのほか、その一つ一つに時間を

要したり、相変わらず量産が難しいこと、

俯瞰しては仕事と健康のバランス、生活リズムを考えたり。

  

  

結果、

このお仕事を健やかに続けてゆくために、

手掛けるろうそくの価格を見直しすることが「今」なのだろうと

判断致しました。

 

現状の価格の割り出し方の背景には、手掛けるろうそくの本質より..

一般的な「キャンドル」の市場に準じた付け方をしてしまっている

ところも多々あります。

  

「今」のkaltio.ろうそくと向き合いたい..と思ってのこととなります。

 

  

2021.7月より。

それでも増々 、仕立ててゆく灯りに、

それを人様にお届けしてゆくことに真摯に向き合って参ります。

お客様には大変心苦しい「見直し」となりますが、

ご理解の程..宜しくお願い申し上げます。

  

 

キャンドル・クラフトkaltio. 

 

|

・お送りさせて頂きました。

 

 

ヒナタノオトさんへ、白いろうそくあれこれと、

さくらのろうそくをお送り致しました。

  

  

1_20210401212901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2295

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの『透ける灯り』は、焔の本来持つチカラを借りて愉しみます。

 

 

 

 

- さくら -

  

  

Photo_20210401212601


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A424a691b14a48ac948b974998bdc764

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細工を施したろうそくは、それと呼応し、

お互いを遊ぶかのように、活き活きと映え咲き誇ります。

 

表面上は「白」のみでの施工。

こちらもwhite、白いろうそくです。

 

今年も静かに、それぞれ思い思いに桜を楽しむ、春。

 

 

自然の営みはいつも通り。

ただそれだけのことに触れて、気持ちが穏やかでいられます。

 

 

お散歩で桜を楽しんだら、余韻をお家でお楽しみ下さい。

  

  

■ ヒナタノオト さま

  東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階

  tel&fax 03-5649-8048 

 

■ キャンドルギャラリー koko kaltio.

    

 

 

 

 

 

 

 

|

・新規お取り扱いのご案内

  

  

この度、ご縁あって宮崎(九州)にて器とクラフトのお店を開かれます

月森さまにて、ろうそくをご案内頂けることになりました。 

  

  

1_20201118105901

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

Img_3805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

  

  

  

  

月森 ()  ()

宮崎県綾町南俣745-3

2020.11/22  new open

月・水・金11:00-15:00

 

|

・納品致しました。

  

 

Watage_20201029000301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1_20201029000501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1_20201029000502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃よりお取り扱い戴いておりますヒナタノオトさんへ、

ろうそくをいろいろとお送りさせて頂きました。

 

日が沈むのが早くなりました。

これから増々ろうそくの灯りで過ごす時間を長く愉しめるようになります。

  

ご自身のおくつろぎの時間へ、季節の贈り物へ...

ご覧戴けましたら嬉しいです。

  

◇ ヒナタノオト

   東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階

 

尚、ヒナタノオトさんの online shop「ソラノオト」 でも対応して頂けます。

遠方の方にはこちらをご利用下さいませ。

  

 

 

|

・お取り扱いのご案内

  

  

  

Img_3118

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都市にございます 福田美術館内、ミュージアムショップ様にて、

「大観と春草 -東京画壇上洛-」という展示に合わせまして

『富士山ろうそく』(3コ/化粧箱入り)をお取り扱い下さっております。

 

 

  

 

  

Photo_20200803103901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

3_20200803104001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都方面にお住まいの方や、美術館を訪れる..、訪れたい方へ

富士山麓にございます工房よりお届けしております。

横山大観 氏や、菱田春草 氏などの名画を鑑賞された後には、

どうぞ.. shopにてこちらのろうそくもお楽しみ頂けましたら嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

::  ::  ::  ::  ::

  

大観と春草 ー東京画壇上洛ー

2020年8月1日(土) ~ 10月11日(日)

10:00 - 17:00(入館16:30迄) 火曜休館

 

福田美術館 

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16

  

 

 

|

・アンデパンダンcraft市  /   * 終了致しました

  

Img_6039

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃よりお世話になっております、

うつわと暮らしの用品 ツナグ。(京都府宇治市)さんを

通じて、

Instagram上にてのクラフト市に出展・参加しております。

  

・・・

  

アンデパンダンcraft市とは、

福岡で作陶されている陶芸家の石原稔久さんの提案で始まった

お家にいながら楽しいことを..との期間限定のcraft市です。

  

・・・  

 

  

kaltio. ろうそくをお取り扱い・ご紹介下さっている ツナグ。さんは、

日頃よりとても丁寧にご案内、対応下さるお店です。

期間限定のweb上のcraft市といえど、

作品や作り手へのお心遣い、お店の大切にしている思いから、

ご覧戴いたり、ご利用頂いたりするためには、

まず、ツナグ。さんの期間限定の通販専門アカウントをフォロー下さい。

( )  

 

フォロー頂いた方のみの公開とさせて頂いております。

* 2020.5.10迄の期間限定となっております。

  

素敵な器の数々もご案内されております。

ご関心ございます方には、ぜひcraft市、覗いてみて下さいませ。  

   

  

stay home な時間にも、心穏やかにお過ごし頂けますように。

(尚、「星 清やけし 森へ還る頃」sold  /  「デンマークハウス」 sold )

他、お問い合わせはツナグ。さんの通販専用アカウントよりお願い致します。

  

  

 

722c73dddb684156b959be46012a8594

  

  

 

 

  

  

 

  

    

 

 

 

 

 

Img_2314

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2_20200505104101

 

 

|

・info

   

僭越ながら...ご案内させて頂きます。

(プロとして、手仕事をしっかりと生業としている方へ)

  

Photo_20200303123401

  

ワタクシも経験させて頂きました『工房からの風 craft in action』

2020年は、10月17.18日(土.日)に行われます。

只今先駆けて、第二募集の受付が始まっております。

(2020.3/10必着)

詳細は、()をご覧下さい。

  

・・・  ・・・

  

私が「工芸」という土壌に小さくとも芽が出せたのだとしたら、

始まりは実生も実生の身。

 

物づくりを始めた当初、周りには手仕事をする知り合いすら

いませんでした。

自身の手に成る「消え物」(消費して消える作品)を

「工芸」と位置づけていいのかすらわからず。

そして何より「ろうそくに火を灯す」ことが希薄になった

文化の壁の厚さに何度心折れそうになったことか...。

  

私自身としては、間をおいて繋げながらも10年に渡って

「灯す」ということへの誘(いざな)いを、長い目で一緒に

積み重ねて戴いている...そんな特別な出会いの場です。

  

出展の機会が叶ったひと、それぞれに、

大きな出会いや気づきがあるのだと思います。

それは、真摯に手仕事や自身へや、使う人へと、

自分なりに大いに向き合えた...その軌跡なのだと思います。

  

  

Photo_20200303124601

(2019.10月手仕事の庭にて)

  

  

まずは、その扉をトントンっとノックしてみませんか。

  

  

 

|

より以前の記事一覧

  • 2020.02.22
  • 2020.01.31
  • 2019.12.07
  • 2019.12.04
  • 2019.10.14
  • ・「工房からの風」 2019.09.20
  • 2018.12.15
  • 2018.12.15
  • 2018.11.20
  • 2018.11.07
  • 2018.10.27
  • 2018.10.27
  • 2018.10.13
  • 2018.09.03
  • 2018.07.03
  • 2018.05.16
  • 2018.05.05
  • 2018.03.31
  • 2018.03.15
  • 2018.02.12
  • 2018.01.07
  • 2017.12.26
  • 2017.12.26
  • 2017.12.02
  • 2017.10.31
  • 2017.10.13
  • 2017.10.12
  • 2017.08.03
  • 2017.07.27
  • 2017.06.19
  • 2017.06.13
  • 2017.05.01
  • 2017.04.28
  • 2017.04.27
  • 2017.02.23
  • 2017.02.02
  • 2017.01.26
  • 2017.01.26
  • 2017.01.26
  • 2016.12.27
  • 2016.12.22
  • 2016.12.15
  • 2016.11.30
  • 2016.11.01
  • 2016.09.10
  • 2016.07.07
  • 2016.06.20
  • 2016.04.06
  • 2016.03.24
  • 2016.02.20
  • 2016.01.12
  • 2015.12.18
  • 2015.12.11
  • 2015.10.14
  • 2015.10.08
  • 2015.09.22
  • 2015.08.08
  • 2015.07.11
  • 2015.07.07
  • 2015.06.24
  • 2015.05.05
  • 2015.03.31
  • 2015.02.27
  • 2014.12.17
  • 2014.11.01
  • 2014.10.07
  • 2014.07.01
  • 2014.03.20