« --- | トップページ | 桜だより3 »

  

73081970_1

 

---先日Eさんから戴いた和ろうそくをともしてみる。---

 

よい機会ですので『和ろうそくミニ講座』...など。

  

  

ご存知の方も多いかもしれませんが、一般的に私たちが手に入れることができるロウソクは、

『パラフィンワックス』といいます。

和ろうそくは、木櫨から採取される油の『木蝋』というワックスになります。

そしてもう一つの大きな違いは芯です。

和ろうそくは、和紙と真綿をよったものですとか、灯芯草とよばれる植物が使われます。

  

(前日の写真のように消火時の煙りが長く残るのはこんな違いからです。)

  

灯してみたことのある方はお気づきだと思うのですが、

和ろうそくは液(蝋)だれしません。

  

そのフォルムだとか、使い終わってみると..清さ・潔さみたいなものを感じます。

(熱く例えると、職人魂..なんて。)  

 

それは、手がけといわれる手法のおかげだと思うのですが、

今度機会があったら和ろうそくを真上から覗いてみて下さい。

73081967  

木の年輪のように蝋が何層にもなっているのが見てとれます。 →

この蝋の層が内側の蝋をガード、ガードしているんですね。

  

 

ちょっと和ろうそくを見る目が変わりませんか?

   

 

koko kaltio.にはもうすぐ七尾より和ろうそく(桜の絵ロウソク)が到着致します。

 

※写真の和ろうそくはお土産に戴いたもので取扱いしているものではありません。

 ご了承ください。※

  

|

« --- | トップページ | 桜だより3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« --- | トップページ | 桜だより3 »