« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

apr..apr..apr...

 

かっこよすぎるのです。

だからと言ってどこにも尖ったところがなく、

清く、美しく。

 

  

展示室の一角に佇むと、ふしぎと包まれている感じがした。

いろいろ想像してみた。

  

  

凛としていた。

 

  P1070371

気取りがなく、

ちょっとユーモアがあって、

果てしなく穏やかだと思った。

 (* Lucie rie Photoより引用 ) 

 

  

きっとそんな女性(ひと)だったのでしょう。

  

  

手を介して生まれたもので、人柄が伝わる。

ちょっと怖い気もするけれど、

すごいことだと感じた。

  

                                                                    -- ある休日より。 --

 

|

apr..apr...

 P1070364  

 

  

憧れの人のこれまでの軌跡のほんの一部を垣間見て、

今さらながら気づいたこと。

  

  

あ…、同じ名前だった。

(え、ソコ !? ) 

こんなちっぽけなことでちょっと嬉しかったりする…。

  

四半世紀の重み。  

私の規模はもっともっと小さなことだけれど、

いつかそっと近づけたらと憧れているのです。(ポッ)

  

|

apr25.

  P1070361

  

4月に入って気持ちのよい青空! は、

数えるほどにしかお目にかかれず…

日曜日open時間当初は、樹々の新芽の眩しさにも釣られ、

cafeの窓を開け爽やかに過ごす!

  

  

…けれどすぐさま空気や風の冷たさに撃沈。

早々に窓を閉め緑の美しさのみを味わって過ごす。

  

  

  

そして、

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

  

P1070038   

 

んん~

シュワッチ !

  

|

apr24. 

   

お客さまの観賞中はできるだけそっとして、

お話のタイミングで少しだけ…

  

時折、帰られた後に展示してあるろうそくの向きが変わっていたりして、

くすっとさせられることもあるのだけれど、

  

  P1070352

  

 

この日ばかりは…

「うっとり」が甘いムードになっていて

ドキッとさせられる。

  

…やはりそっとしておきました。

  

 

---

<お知らせ>

  P1070355

シミズサトエと内川千代美  布と器

2010.4.29(thu) ~5.5(wed)

  

ギャラリーPranadie   open11:00 - close 19:00

東京都新宿区早稲田南町43

 

--

  P1070354

-8つのひだまり-  「木・陶・布・花・写真」展

2010.5.5(土)~5.30(日)

  

小久保朝司・隆司(白露陶房) / Satoe(布)

田中一光(田中一光製陶所)/ 内川千代美(陶)

百瀬由紀(風知・花) / クドウサトコ(写真)

藤牧敬三(家具工房StyleGalle)

 

Style Galle  gallery & crafts shop   10:00~17:00

長野県東筑摩郡朝日村西洗馬1556-27  Tel&Fax 0263-99-2492

  

--

  P1070357

庭の図案

石川覚子 | 絵付磁器

TETOTE   | 布小物

petitricot | 布ボタン   2010.5.1(土)~9(日)

吹く芽つんつんらふと にて 

千葉県市川市鬼高1-1-1 ニッケ鎮守の杜 tel 047-370-2244

|

apr23.

< koko kaltio.より >  

 

ずっと自分の住む場所に寄り添ったものを…と片隅で感じながらいるのですが、

今のところ、真っ向正面からのものは何かがちょっと苦手で、

kaltio.なりのアプローチから「静岡」であったり、「富士」であったりを

koko kaltio.やこちらのweb上にてご紹介できれば…と思います。

(こうなってくると「HP」というものをちゃんと用意したいと思うのですが…)

  

ゆっくりとですが、少しずつ。

  

■ ■ ■     ■ ■ ■

 

まず初めに…  「紙」のご紹介。

  

koko kaltio.のあります静岡県富士市という町は、

富士山の麓に位置し、山肌から駿河湾まで縦長に広がる町です。

静岡県東部になりますので、温泉地・伊豆や、関東方面、

山梨・信州方面へも出掛けてゆきやすい所だと思います。

  

アクセスにわりと便利な町ですが、

視点をゆっくり動かすと意外かもしれませんが昔話や歴史の瞬間を辿ることのできる、

じっくりとどまる楽しみ方もありな町です。

(機会あればまたゆっくりと…)

温暖な土地で、

都会でもなく田舎すぎるわけでもなく、過ごしやすい町です。  

そしてなんと云いましても、工業・製紙製造の盛んな町です。

ということは水源の豊富な土地でもあるということですね。

  

ティッシュ・トイレットペーパーやおしぼり…

皆さんの所でもパッケージを裏返してチェックしてみて下さいね。

製造元…静岡県富士市の会社である確立も高いのです。

(kaltio.的視点によるご案内です。)  

 

・・・

  

「紙」であればなんでも…というわけではなく、kaltio.なりのアプローチでして、

残念ながら富士市で作られたものではありませんが、

「紙」に親しみを持つ地元っ子としましては、

「紙素材」の素敵な器をご紹介したいと思います。

  

 P1070336_2  

  

 

見た感じ、粉引きのような優しい味わいを

醸し出すこちらの器たち。

  

( 紙ですので、持ち上げてビックリ!の金曜日のお客さま。)

 

陶磁器のように半永久のものではないけれど、

こちらの器の発想の原点にあるのは、日本の昔から受け継がれてきた

美意識や価値観だと云う。

  

  

もともと日本には優れた技術に裏付けられたものづくりの伝統があり、

世界有数の洗練された食文化があり、

もてなしや礼儀を大切にする精神性があります。

それらすべては、こころ潤う日々を過ごすために欠かすことのできないもの...(略)

(コンセプトより抜粋)

  

  

ろうそくにもある...

半永久のものではないけれど、それでも、

ものづくりに真摯に向き合う姿勢には共感させられるものがあります。

  

  

これからの行楽シーズン、 

お散歩のときの一休みのお茶の時間や、

お友達を招いたホームパーティーや、

時間がない(汗) ! 買ってきたお惣菜で済ませる食卓の味気なさ解消や、

ちょっとした場面でのちびっこの破損防止(?)や…

  

「ちょっとした時」にお薦めです。

  

  

Tumbler

   

  

  

  

「タンブラー」 :6コ入り

  

  

Coffee_cup   

  

  

「コーヒーカップ」:6コ入り  

(片口としてもOKかと。)

  

 

Compote 

 

  

  

「コンポート」:6コ入り

  

 

Choko   

  

  

  

「猪口」:8コ入り

  

    

・・ いずれも土に還る地球にやさしい素材(葦・竹・バガス...)で作られています。

    先の洞爺湖サミットでも環境問題の点からも注目を集めた器です。 ・・

  

|

apr22.

 

ろうそくを作ることを独学で始めました。

   

独学…

はじめて壁(?)を感じた時、ご縁あって彫刻家・横島先生の元へ

型作りを教わりに通いました。

  

  

先生は、淡々としながら表情を変えず冗談を云う人で、

作業に集中していると、ワンテンポ遅れて今の冗談だったのか…

なんてじわりとくすっとさせられる方です。

  

そんな冗談と同じトーンで、

型を作る工程の大切なことを仰る。

メモをとりたくなるけれど、作業で手も汚れていれば、

手を止める場合ではない状況でもあり、

先生は頭と心で覚えなさい、考えなさい、と仰る。

  

  

だから、今でも技法・工程・ポイントに関して

大事なメモは私の頭と心とあの日の記憶の中にあります。

  

P1070331   

  

  

  

太らせたり、  

  

  P1070329_2

  

  

削いだり、

  

 

手を動かして土と戯れていると、

『いろんな角度からみるんですよ…』

先生の淡々としたアドヴァイスがいつでも聞こえてきます。

  

  

あるお店の素敵なお話の詰まった創刊に始まり、

kaltio.の元へも素敵な「灯り作り」のお話を戴きました。

前回お会いした時、お話をお聞きしながら、

それはなんとなくとても素敵な灯りになる予感がしました。

  

  

どんなカタチになるのか白紙に近い状態の中で、

作りたい…と心はうずうず。

  

  

今はそのスタイル(カタチ)で、

ろうそくとしての要素を生かしつつ、おもしろく利用しつつ、

安全に灯すことができるかを『いろんな角度から』確認しながらの

こねこねの日々。

  

お話の第一印象から受けた「感じ」を大切に、

大人でいて果てしなく優しいものに、

どうか仕上がりますように…

  

じーっと手を動かしながら祈るのみ。

詳細はいつか、またの機会に、こちらでじんわりとお話できましたら…。

  

  

<kaltio.より>

P1070347   

  

  

・グラデーション( green/ ユーカリ)

  

  

  P1070342

  

  

・洋なし

   

  

P1070350 

 

 

・ロボット(ユーカリmix) 

 

作りました。

  

|

apr またもやサクラサク

  

咲きはじめのワクワクから散ってゆく様まで…

なんだかんだでお店よりほぼ1ヵ月ほど楽しませてもらった静岡のサクラ。

  

( 以下、イニシャルトークのような…ま、お許しを。)

  P1070296

  

今年も、

静岡よりちょっと遅れてやってくるサクラ開花に合わせて、

皆の住む町の、桃源郷まで飛んでゆく。

   

 

友人と合流して、私たち…勝手に呼んでいる「桃源郷」 k さんちへ。

先に到着していたmさんとhug、hug、hug~

(先週の春の雪にはハラハラしたけれど、)

今年も解禁したことを実感。

  

P1070302 P1070290 P1070307

 

気兼ねのいらない人の輪が笑顔、笑顔の春爛漫。

(kさ~ん、いつもお仕事の邪魔をしてゴメンナサイッ)

始まりを思い出すと今でもとっても不思議だけれど、

波長の合う人たちに理由も、あえての枠組みもいりません…。  

 

無防備に、無邪気に、自然に。

  

残念ながら…今回は日帰りを選択。

けれど、

いつもながらのmさんの細やかなコーディネートや、

リクエストに応え、こっそり段取ってくれたmちゃんのおかげで、

振り返れば…

cちゃん、冬眠明けのお店先のaさんちやギャラリーのgさんyさん、

(皆さん、のんびりとさせて戴きました~。お会いできて嬉しかった。)

 

P1070311  

 

 

おまけにジワジワとグッとくる偶然…

密かにつぼにハマっていたボンジュール・○○こさんの…

(感激しております、いつかご本牛に…。 

カフェ ド ○ッホーのこちらにも感激。)

 

 

最近では、トキオリ錯覚してしまう…

ワタシこの町に住んでいるんじゃないか…と。(笑)

  

|

apr19.

P1070276

 

春先の悪天候が祟って、

お野菜が高くなってきている中、

なんとありがたいお野菜の戴き物。

  

春の匂いのする長ネギはさっそくネギぬたに。

おいしく戴きました。

  

・・・

  P1070281

  

  

さてさてclose期間中のkoko kaltio.

なにやら大ゴトになっております。

  

  

|

apr18 夕刻

 

日曜日。

早朝のお掃除からすると長い一日。

  

本やろうそくのお迎え、賑やかな方々、お散歩コースにお立ち寄り…、

トンカントン...一日のワクワク作業の成果のご報告、etc...

いろいろご来店頂きましたお客さまも落ち着いて、

閉店まであと少し…

  

見渡すとろうそくのゴールデンタイム。

  

 P1070269  

  

  

「シャボン」  

手前は元のカタチ

灯すと色が映えはじめます。

  

  

P1070262_2      

「さくら・さんかく」P1070069_4

  

 

  

夜桜の如く

  

  

 P1050644

  

  

1月の3th展からopen時に灯しているおおもの。

「サン ピラー」もいよいよ終盤。

  

  

P1070270 ぐるり… P1070271

    

  

 

空気の流れ、

炎の傾いた側に造形が生まれました。

 

 

じーっと見守って灯の子守り(?) をしていると「ろうそく」を生き物のようにおもう。

みんな違ってみんな… おもしろい。

 

だから…ろうそくはやめられない」…と心のヒトリゴツ。

  

|

apr18 朝

  

祖父母のもの…それから遡ることもしかすると、

写真でしか会ったことのないひいおじいさんのものを、

この春幾つか受け継いだ。

  

大切に使おうと、まずはやっと顔を出したお日様の元、ようやくお掃除から。

小引き出しのある棚の裏をよくみるとシールが残されていることに気づく。

コレは話に聞く…と思い家人を呼ぶ。

  

  P1070264

  

  

  

「ダルマヤ」

  

  

  

そう。祖父が私の生まれるずっと前に営んでいたというお店のもの。

ウル覚えに何故か記憶がごっちゃになっていて、

食堂なのかと思っていたけれど、(特に祖父=食堂が想像できなかった)

洋裁店でした。

祖母は和裁の人だったので、なっとく。

  

  

お店で現役だったでしょうこの棚がなにを見てきたのか。

楽しく想像しながら思う…

 

しかし、祖母→母、叔母→姉…

なぜkaltio.にはお裁縫の得意が備わらなかったのか…

立派に「kaltio.」、ナナフシギのひとつナノデアル。

  

|

apr17.

 

続・春の冬景色リポート。

Pic_0983

  

  

おいおい、大丈夫かな…の心模様。

春の企みの諸事は…まずここ、大きなポイント。

  

|

  

春~初夏に向け、展示会いろいろ。

お時間ございましたらお出掛けしてみてはいかがでしょうか。

   

<お知らせ…もう少し>

 P1070259_3  

ナカオタカシ 展 plastic works 

- 2010.4.25 Sun (20Tue 定休)

11:00 - 19:00(*最終日~17:00)

  

addition Neuf  静岡県静岡市葵区鷹匠2-10-25  TEL/FAX 054-221-4110

 

・・

  P1070258

未知・無知との遭遇  神林 學 展

2010年5月7日(金)~16日(日)

am11:00~pm6:00[金・土・日のみの開催]

  

cafe&space zappa  静岡県富士市中央町1-10-9  phone: 0545-57-1057

 

・・

P1070260   

こだまみえこ Botanical Art (植物画) vol.2

2010年5月20日から6月4日までの木・金のみ

10:30~16:00

 

cafe&space zappa 内 2階cafeにて (上記に同じ)

  

|

apr16.

これより先のコトにちなみ、

寄せては返す波のように(小波ですけれど…)訪れる、

小さな選択…の数々。

決めゴトはいつでも即決!…とは羨ましい限り。

  

なんて云うのか、本当に体内リズムののんびりさを

イヤというほど実感する今日この頃。

  

ふ~ん。

大丈夫、大丈夫。

きっと前に進んではいる…はず。

  

-------

<お知らせの数々>

 

現代家具考vol.3P1070247_2

~2010年4月25日(日)

会期中無休・最終日は午後5時まで

 

もえぎ本店 ギャラリー・アトリウム 栃木県芳賀郡益子町上大羽堂ヶ入2356

                                                 tel 0285-70-8111  fax 0285-70-8112

 

・・

  

宝箱展P1070246   安達あかね 小澤基晴 平野美帆

~2010年4月25日(日) 10時~19時(最終日は17時まで)

火曜定休

  

ギャラリー元浜 岐阜県岐阜市西材木町41-2  tel: 058-263-1227

  

・・

  

京 J-LIVING[茶の事]P1070051

~2010年4月27日(火) 

伊勢丹新宿店本館5階=和食器

営業時間10時-8時  東京都新宿区新宿3-14-1

 

・・

 

語らいの器 カップとコップ展P1070249

 言葉にならない思いを その器に注いでみたら

 さりげない語らいが やわらかな春の香りに包まれました

  

- 2010年5月9日(日) [open]10:00-18:00(最終日16:00まで)

              [close]4/22・5/6・木曜日休み

ギャラリー・シュタイネ 長野県安曇野市穂高有明7360-17

                                tel 0263-83-5164

 

・・

  

「古い蚊帳に魅せられて」展P1070248-どうぐや-

2010年4月23日(金)~5月5日(水)

AM10:30~PM7:30(最終日PM4:00)

定休日4月28日

 

器・布 三四呂 静岡県三島市北田町7-3  TEL 055-972-1243

 

・・

 P1070255  

蚕衣無縫VI

真木千秋と百草が提案する布と衣

 

2010年4月24日(土)~5月9日(日)

11:00~18:00 会期中無休

ギャルリももぐさ 岐阜県多治見市東栄町2-8-16

                        tel./ 0572-21-3368  fax./ 21-3369

  

・・

  

安部太一 陶展P1070244

2010年5月1日(土)~14日(金)

作家在廊日:5月1日(土)

  

恵文社一乗店 生活ミニギャラリー

TEL/FAX 075-711-5919  10:00 - 22:00(展示最終日18:00まで)

 

・・

  P1070252

ヘイニ・リータフフタ展

フィンランドが誇る女性絵付師の世界

 

4.17-5.5 11:00~18:00 

ピロイネンギャラリー 東京都渋谷区大山町18-23  tel 03-5452-3172

5.8-30 11:30~19:00(水/第2・3木)定休

ネリヤカナヤ 三重県四日市市川原町34-3 tel 059-333-2882

 ↓ 

6.4-21 10:00~19:00(火)定休

チリングスタイル 富山市大手町6-14 市民プラザ1F tel 076-493-4280

6.10-2週間程予定 11:00~20:00

Bギャラリー 東京都新宿区新宿3-32-6 6F tel 03-5368-7309

7.10-31 12:00~19:00

コネクト 香川県丸亀市綾歌町富熊440-1 tel 0877-86-1244

 

(お知らせ多数につき「展示会」のお知らせのみとさせて頂いております。

 各shopさま1-2dayイベントのお知らせは失礼致しますが、

 koko kaltio.店頭にてご案内ございます。)

  

|

apr吉日.

  

年明けて、年明けではなかった2010年の幕開け。

  

P1070220

 

  

…気がつけば、

まだ初詣をしていない不信心な現状に気づき…(汗)、

近くまで来たのだから…と、(これまた不信心…)

 P1070224  

  

 

kaltio. soulfulな大社へ、

桜舞う中、今日という日が「初詣」。

  

桜…、4月…、

新年度ということで、詣でてみればすべてヨシってことで…

今年も懲りもせずに超マイペースな…(ホトホト呆れ)

でもでもようやっとで、本人いたってご満悦。

  

|

apr..

                           再び懐かしい場所へ。

P1070208  

P1070216

                     「あれ?この湧水場小さく(縮小)したんだ。」

               『何言ってんの、Yちゃんが大きくなったんでしょ。(笑)』

  

                    wao ! ガリバーになった気分…

                       姉妹、いとこたちと遊んだこの場所。

P1070217   

                   まさか、この金魚は当時からのあの主ではあるまい…。

 

|

apr15.

  

寒いのです。

4月も半ばだというのに…とても、とても寒いのです。

Pic_0972 

安曇野のmちゃんより、

『カルティオ~、雪だよ。』の朝一写メールにて

目覚める。

  

|

apr13.

 

とあることに感謝、感謝の「サンキュ-の日」。

イズミール(i さん、勝手にかわいい呼び名を命名しました。)に戴いた

普段顔のおいしい和酒にて乾杯の前夜祭を楽しく過ごし、

ゆっくり過ごそうと思い立って静かな佇まいの大好きな美術館へ。

  

 

新緑の中、いろいろ写真遊びをしたものの…

画像が知らずの間にすべて消え去るという珍事。

(…というわけで写真ナシ。)  

  

初めての場所も、

シーズンオフにも関わらず散策を勧めて下さった園主さん、

ワクワクの冒険も備わったとても穏やかなひと時を過ごしました。

  

・・・

  

6月に参加する企画展のDM用のろうそくもなんとか出来上がり、

後は撮影をするのみ。

6月は幾つか企画展にお声掛け頂いております。

詳細はまたおいおい…お知らせ致します。

  

進んだ感の目に見えないこの時期には、

時間ばかりがサラサラと砂時計のように流れてゆきます。

キノセイデショウカ…ねぇ。

  

|

apr8.

 P1070135  

  

  

  

はらはらと舞う花びらもまた一興。

cafeからの桜の景色、もう少し愉しめますよ。

  

  

  

・・・  ・・・  ・・・

  P1070102 

  

もう少し続くのだと思っていたけれど、  

ごあいさつ…にきてくれたのね。

恙なく越冬。

  

  

また次の寒い季節にkokoへ飛んできてね。

ちょっと寂しいしばしのお別れ。

またね、かわいいことりちゃん。

  

|

apr7.

  P1070130

  

おひさまはどこへ。

寒空の雨の日には、富士山には…

(雲が晴れればやはり…) 雪が積もる。

  

  

P1070129   

お散歩でふわっと目に飛び込んできたもの。

  

寒くても、草花は芽吹き、彩づき…

季節は確かに移ろっております。

  

|

apr

 

まだ小学生だった頃、祖父は旅立ってしまった。

その時、家人が持っていた祖父の文机を形見に譲ってもらった。

  

それから、机としてはもちろん、

ひっくり返して座布団を敷き、姉妹の秘密基地へ渡る魔法の舟になったりもした。

  

 

ひょんなコトから…

祖父母のその昔使っていたものが

時を経て私の元へ。

  

 

何年ぶりかの2階の床がぎしぎし云う、

蹴あがりの狭い急な階段のある「おじいちゃん、おばあちゃんの家」。

  

P1070146   

  

  

私なんて影も形もなかった時代の、

祖父母のありふれた持ち物。

  

  

  

誰かの古道具を使っているものもあるけれど、  

私の知らない「時」を祖父母と過ごしたものたち…不思議な気持ち。

  

  

  

じわっと涙のでるような…

うる覚えのある懐かしいもの、祖父母の愛用品。

  

  

引き継ぐ気持ち。

そして、これからどうぞ宜しく…というどこか凛とした気持ち。

   

|

apr5.

- 雨の日だってへっちゃら -

  P1070098

  

 

雨降りだって飛んでくる。

「やんなっちゃう…、アタチの羽ったらずぶぬれ。」  

    

  

P1070102   

  

  

「今日はお店お休み?」

 

    

  P1070103_3

 

  

  

「おいしいごはん、くださる?」

  

  

アタチとアタシの心地よい関係はつづく…

  

|

apr4.

 

ほぼ満開の日曜日。

訳あってBGMはいつもより20%ほどボリューム増。

  

 P1070082_2 

  

夕暮れ時に戻ったいつもの平穏

ちょうどいつもの黒ラブちゃん軍団も

「いつもの」を噛みしめお散歩に。

  

  

P1070079   

  

  

  

やっぱり「いつも」通り…、

が落ち着きますねぇぇ。

  

|

apr3.

  

  P1070072

  

  

  

  

…だからろうそくはオモシロイ。

  

  

|

apr2.

 

■ 厚原スポーツ公園の桜、本日おおよそ見積もって7-8分咲きです。

  

■ koko kaltio.内「桜」、あれこれ満開。

<kaltio.より>

 ・「桜フローティングキャンドル」 (追加進行中…)

 P1070064

   

・ 「さくら」(香:カモミール)作りました。

      今年はサンカク。(8x8x10cm)

P1070069   

  

  

  

  

  

  

<cafe> 

 ・パウンドケーキ(さくら)…初来店・ミセスに褒められる(照+嬉)

 P1070052   

 

 

  

  

・おとうふレアチーズ(ほんのりサクラヴァージョン)

  

--------

 

<その他お知らせ>

■ お待たせしました。

  Photo

・燭台(アイアン・ピンあり+なし共) 柴崎智香 作、届きました。

・フック(菱型)届きました。

  

  P1070058

 

■ 再び届きました。

  ・和ろうそく(5号 / 2号)

|

  

優等生。

お店のお休みを利用して…プチダウン。

風邪でしょうか、なんなのでしょうか。

  

気まぐれな春の陽気にはお付き合いできません。

皆さまも季節の変わり目、どうぞお身体ご自愛下さいませ。

 

>> 4月は、通常通り金・土・日営業です。

  変更のある時は随時お知らせ致します。

 

|

mar30.

  

まんまるのお月さまの輝く夜。

若いきらきらの可能性に心と耳を傾けに。

   Photo_2   

 

立派に

素敵に

これからも楽しみにしています。

  

|

mar...

  P1070047

一夜明けると富士山をはじめ、東や西の山々も真っ白。

  

ここ、おやまより少し下…西に連なる山、

Photo   

子供の頃、幼なじみのおじいちゃんはこの山を「泣きっ面(つら)山」と呼んだ。

この山を境にお天気が変わることが多いから…だと思う。

  

車でこの山の辺りのライン上を通過する時、

時折、雨の通り道に出くわすことも。

  

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »