« | トップページ | »

・聖なる朝に...

 

秋が始まってこのクリスマスを迎えるまでに

とてもたくさんのラッピングをさせて頂きました。

  

大切な贈り物にkaltio.で作られたろうそくをお選び頂き、

  

お客さまへありがとうございますの気持ちと、

あちらこちらへ嫁いでゆく届く先の誰かを思い、

気にいって下さるといいのだけれど...と、

どうか小さなあかりを灯した場所に、幸せな温かさをもたらしますように...願いながら。

  

  Photo

  

  

この季節、毎年トントゥ・kaltio. と化すワケですが、

贈るばかりでもなく、あちらこちらの大切な方々からも

ニッサやトムテ...温かなお気持ちが届きました。

( みなさん、ありがとう。)

  

  

身体が、ろうそく制作シーズンの生活リズムにもすっかり慣れ、

ずいぶんとゆっくりとなった夜明けを、制作しながら迎えます。

  

 

 

月が冴え、

深々とした冷たい夜明けの空気に、

シャンシャンシャン...と

サンタクロースがお仕事を終え帰ってゆく姿を観たような...朝。

  

Photo_2

  

 

今年のクリスマスは、

大切な方々に起こったアクシデントの数々を耳にする機会も多く...

なにもできないのだけれど、ただただ心が痛い。

  

  

サンタクロースの後ろ姿...聖なる朝に願うこと。

  

  

大人になった私がサンタクロースに願うこと許されるならば、

... どうか庶民規模のささやかであたりまえの平和を、平穏を。

  

  

 

 

そして、私にできるささやかなこと...

ただただ koko で、小さなろうそくの灯りと一杯のcoffeeを

絶やさず、変わらず、

そして迎えること。

  

|

« | トップページ | »