« | トップページ | »

・ちょっとブレイク... ( koko kaltio.のこと )

 

<< 今週末、12/ 17・18・19はopenしております。>>    

  

もういくつ寝るとクリスマス... さらにもう幾つか寝るとお正月。(はやッ)

  

年末年始に向けてkoko kaltio.では、

本当においしいものをほんの少し...(品よく)

こんな提案で「おいしいもの」をご用意しております。

  

年始のご挨拶に、新しい年を迎える食卓に、いかがでしょうか。

  

料理 あやめ さんの「黒豆」    (...残り僅かです。)   

800 for eats さんからは、「彦太郎糯(もち)」と、

                                      静岡県牧ノ原の「牧ノ原紅茶」、「牧ノ原ほうじ茶」

・kaltio. より 干支のろうそく  「雪うさぎ」 (画像は後日。)

    

Photo_10

  

  

  

「彦太郎糯」は、すっきりパッケージに

紅白のお餅が入っております。

 

  

 

山形県飽海(あくみ)郡遊佐(ゆざ)町

  

鳥海山の湧水によって育まれる名水の里に伝説の糯米がありました。

昭和初期、常田彦太郎により成育され、その評判はひろく東北の地に

知れ渡りました。

しかし、風に伏しやすく、やがては生産性を求める近代農業の影となり、

昭和の幕引きとともに遊佐町からも姿をなくしていた「彦太郎糯米」。

  

この希少な名品を今に伝えようと、遊佐町の若き農夫たちが、

田土を鍛える昔ながらの農業と共に丹精を込めて復活させました。

すぐれた米作りにかけた先人の思い、

農の伝統と次代への挑戦、

恵の里、遊佐町の地味をご堪能いただければ

  

                          800 for eats 文面より抜粋

  

煮くずれしにくく、煮ても焼いてもお楽しみ頂けます。

まず、焼きたてを割って香りと伸びを確認したら、

一口目は何もつけずにお試し下さい。

その後は、お醤油・きなこ・お雑煮に...

サイコロ上に切って揚げておうどんやお蕎麦にいれても。

  

|

« | トップページ | »