« | トップページ | »

・たまに..ろうそくのお医者さん

  

                                      海外のろうそく、火がつかなくなってしまったとご相談。

Photo_8

 

                                 ときおり、持ち込み相談があるのですが、おおよその原因は、

                                      芯が蝋の中に埋もれてしまい灯せなくなる..というもの。

 

                         waxの容量と芯とのアンバランス。

 

                                                         作られた形跡、ご使用の形跡...

                   手を入れさせて頂くと見えてくるものがあります。

  

           入れ物の直径が妙に広く、それに対して芯が一本...この手のろうそくは、

         日本人のように習慣慣れしていない場合に招きやすいのでは..と思うのですが、

             短時間のみの使用を続けることが原因の一つだと思われます。

  

         灯したり、消したりが頻繁ですと、その都度waxの融け固まりも頻繁になります。

       こういうタイプのろうそくは、長時間ゆっくりと灯してお愉しみ戴くのがよいと思います。

  

                    

                    今回は、coffeeをお飲み頂いている間に、

                    手持ちの道具にて、芯の頭を探りました。

                     これでまた、お愉しみ頂けますね。 ( ほ。) 

 

 

         お持ちのろうそくの「? 」がございましたら、訪れて下さった際にお聞かせ下さい。

               わかる範囲でのことでしたらご案内もできるかと思いますので...。

  

  

 

** 基本的にkaltio.ろうそく以外のろうそくの修繕はお請けしておりません。

  海外のものは、特に香りが強いことと、

  waxの成分の不明なものをこちらのものに混ぜたくない..という考えからです。

  (時と場合によりまして対応させて頂く場合もございます。)

  ないように努めてはおりますが、もしものkaltio.ろうそくの不具合につきましては、

  ご遠慮なくお持ち下さい。対応させて頂きます。

  

Photo_9

|

« | トップページ | »