« 「春をまとふ vol.2」 | トップページ | »

・昨年は、

  Photo_6

                       2度目と会を重ねるこの「春をまとふ」、

          去年は3.11の搬入で真っ暗闇で過し、緊迫する中、複雑な思いでの開催でした。

   

 

                           あれからまもなく一年。

        あっという間のようでもあるけれど、時は確実に一刻一刻を刻んでの一年でもあります。

                    今年の「春をまとふ」、昨年感じた思いと共に、

                          そして+1年の思いと共に...。

  

                                ・・・

  

                              「3.11の灯り」

                今年の3月11日、ワタクシの師匠y先生や倉本聰氏も携わり、

             岩手(久慈/野田/田老/宮古/釜石など)・宮城・福島県(いわき/南相馬など)で、

                    それぞれに「灯り」を灯す計画もあるそうです。

                          ワタクシは、残念ながらこの企画展でkokoを離れることが叶いませんので、

                                                  いつもの場所から灯そうと思います。

 

  

「3月11日の灯り」に参加するには、

1. 現地に行く /現地集合・解散 14時46分「黙とう」後、

          キャンドル設営、夕暮れ点火、2-3時間後に消灯・片づけ

          消灯後のキャンドルはお持ち帰りできます。

2. 自宅で灯す /現地には行けないけれど、参加したい...。

           ご自宅で灯して下さい。*火の扱いにはご注意下さい。  

3.賛同金を送る /希望者は、ランタンキャンドルを主宰側より購入して、

          メッセージを書き、現地に送ることも可能です。(*送料各自負担)

                       賛同金は一口2,000円(ランタンキャンドル1コの費用とモニュメント制作費用)

   

    

ざっくりと概要ですが、詳しくお知りになりたい方は、koko kaltio.まで。

|

« 「春をまとふ vol.2」 | トップページ | »