« | トップページ | »

・再びのとき

  

                  

                                           kaltio.の型の先生と脚本家の倉本聰さんと、

                   3月11日は今年も東北沿岸部にて灯りを灯します。

  

Photo

                       その場に行くことが可能な方は、

              岩手県 野田村 / 福島県 いわき市平豊間の海岸沿い道路にて。

 

                                ・・・

       

                  今年もけっきょく遠方の地より、同じ時間にろうそくを灯し、

                                                  祈りと願い...心を傾けて過します。

 

                            皆さんも同時刻、

        可能な限りそれぞれに灯りと一緒に心を傾けてお過ごし頂くのはいかがでしょうか...。

  

                忘れずに、なにができるかを再び考えてみたいと思います。

 

                                ・・・

  

                      2年前、ここ富士市でも大きく揺れました。

   

          ワタシはアトリエにて火を消し、老犬をラクビーボールのように抱えて外へ避難。

                                         同時に停電となり、それは結局翌朝まで続き、

                        『春をまとふ』の搬入に無事に到着したMFご夫妻と家人と暗闇の中、

 

Photo_2

                                              2011.3.11                            

    

                                                                ろうそくの灯りで、

                                    『デンキこないね...』なんて今思えばのんきな事を云って、

           おむすびとお味噌汁を作ってキャンプファイヤーのような夕餉を過しました。

                                                   (中心におむすびがあるのです...)

  

  

                    大惨事の事の詳細を知ったのは翌日でした。

  

 

                展示会は、とにかく人のぬくもりや灯りのある場所に居る、

                 計画停電でも駆け込み寺のような空間になりました。

     

                  ‘そんな場所’だと思いついて戴けて嬉しかった。

                  ワタシも皆さんのお陰で心強かったのを覚えています。

  

|

« | トップページ | »