« | トップページ | »

・白樺の木から生まれる美しいカタチ3

  

          ユーリとビヨルクのユーリさんは、本当にもぅ「白樺」を愛してしまっている。

                      お話していると、もしかするとホントは...

               「白樺の木の精」なのかもしれない...とこっそりと思ってしまう。

  

Photo_9

  

                                   日本の白樺の木の樹皮で素朴で素敵なかごを編んでいる。

  

                   初めてユーリさんの白樺かごを目にし、触れた時、

                                          今まで目にした白樺かごと随分と印象が違って、

                   ‘「本物」に触れる’そんな言葉が浮かびました。

 

                 画像のものはユーリさんご自身の使用中のものですが、

                  時が経つほどに色合いに味わいが出てくるそうです。

 

Photo_11   

 

Photo_13 

   

 

Photo_15     

               『白樺樹皮のファーストシューズ』はsold out .. となりました。

                ご希望によりましてご注文承ります。(お時間頂きます。)                         

                          時と共に飴色に育てる。

                                                            

                          白樺の木から成る カタチ...

 

 

|

« | トップページ | »