« | トップページ | »

・『春をまとふ 2014』 open中 !

    

Mf1  

 

2   

    

               回を重ねる度に、着実にリピート下さるお客さまの増えている

                         MF洋裁部さんの仕立て服。

         今回もまた、大人シルエットであったり、トロンとした優しい色合いだったり、

           モードな色合いだったりと、着心地・色選びを愉しませてくれています。

  

                 この展の時に現れる特設試着室がございますので、

             まずこの着心地(肌さわり、軽さ 等...)をお試し頂きたいと思います。

    

  

                                 ・・・

  

           昨秋、『工房からの風』というワタクシ自身もお世話になりました屋外展にて、

                        出会ってしまった野鳥の群れ。

  

             関心を持ちだした頃より、少しは野鳥の名前と色合い・模様を把握し、

          あとは、覚えたより更に鳴き声なんかも聞き分けできるようになりたいこの頃。

  

  

              千種 さんもきっとかなりじーっと ことりなり、野鳥図鑑なんかを、

          観察されているのではないかしら?...と、作品を見ながら微笑ましく感じます。

  

  

1                         「セグロセキレイとミモザ」 / 「キセキレイとスミレ」  

  

    

2_2

                   「セキセイインコとマーガレット」 / 「オカメインコとミモザ」

  

                    春の花々にしばし羽根を休めることりたち。

               『少し甘い感じになるかしら?』と鏡の前で合わせてみると、

            お洋服やストールにちょこりと留まってお顔が華やいで見えるようですよ。

      

  Photo                                                                                         「カワセミ」 / 「オナガ

  

                                                          春の訪れを喜びあう舞い。

  

                                     

                                                                          ・・・

    

    

Momo

                            momoさんのTOOLシリーズにはいつでもくすりとさせられるのですが、

                                     今展は、このシリーズに以前より展開がございまして、

                                                ピアス、ピンブローチ、ブックマーク 等...  

             画像はガーデニングのものですが、工具は男性にお選び頂いたり。

    

               そして手にされたお客さまがはっとされているのは、こちら。

 

1_2                                    「papa」 / 「mama」 / 「tree」

  

2_3

                              BELL です。

                 そのクリアな音色に『わぁ~』と感嘆が洩れております。

  

                                ・・・

   

             画像の作品の中には、 sold out. となっておりますものもございます。

                            ご了承下さいませ。  

  

                                           所狭しと並んだ春を呼び、訪れの一歩を告げるに

                                                       誇らしげな三者三様の作品たち。

                       どうぞ、あれこれと愉しくお試し下さい。

 

 

|

« | トップページ | »